ドクター紹介

牧田善二 Dr.Zenji Makita できるだけ多くの患者さんを健康へ導き、
同時に自らも幸せを感じる

私を必要としてくれる患者さんがいて、
私には患者さんの幸せを守ってあげることができる。
この充実感がなければ、
私の人生には意味がなくなってしまうとさえ感じるのです。
つまり糖尿病専門医の仕事は、私の最大の喜びです。

Dr.Makita
ポリシー / policy

「糖尿病により起こる多くの病気から
 患者さんを守る」が私のポリシー

仕事にまじめにとりくんでいる医師は皆、医療を行うにあたって、確固たる自分のポリシーをもっています。医師のポリシーというのは、患者さんのためにこんな医療を行うぞという自らの誓いのようなものでしょう。
開業医になった今、私が心に誓っているのは、「糖尿病により起こる多くの病気から患者さんを守る」ことです。現在のところ、私はこのポリシーを実現できていると自負しています。
医師の使命は病気を治すことですが、糖尿病は、残念ながら完治させることはできません。さらに、糖尿病の方には、透析や失明が待ちうけています。また、ガン、心筋梗塞、アルツハイマー病といった恐い病気が高い頻度で起こります。
これらの糖尿病合併症から患者さんを守ることが私の使命です。

アイデンティティ / identity

「合併症治療請負人」が私のアイデンティティ

医師としてのアイデンティティは「私はこんな医者である」というイメージをもち、それに向けて努力することでしょう。
私がどんな医師かと問われれば、答えは「糖尿病の合併症治療請負人」です。糖尿病治療を始めた時から私は、この病気で大切なのは合併症を進めないことだと確信しました。ニューヨークのロックフェラー大学に留学したのも、合併症を阻止する研究を続けるためです。
糖尿病は合併症の病気です。あらゆる合併症が体をじわじわ蝕んでいきます。
駆け込んで来る患者さんのなかには、合併症がかなり進んで手遅れとも思える人がいます。そんな時でも私は、「さあ来い。何でも診るぞ」という気持ちになります。
糖尿病患者さんにとってすばらしいニュースは、腎臓の合併症(糖尿病腎症といいます)が治る治療法が最近見つかったことです。ちゃんとした治療を行っていれば、もう血液透析になる心配は全くないのです。そして、その治療薬はAGEの害を取り除くものです。
糖尿病合併症の治療は、経験が大きくものをいいます。私は留学して合併症の研究に取り組み、国立や私立の大学病院でその治療にあたってきました。絶対に合併症まで悪化させたくないと考えている患者さんや、すでにこじらせてしまった患者さんのために、私の知識と経験が少しでも役立てられればと願っています。現在の私は、少し悪化した程度の合併症なら全員治してみせる自信もあります。
「合併症治療請負人」、それが私の医師としてのアイデンティティなのです。

経歴 / career

学歴

  • 1979年 : 北海道大学医学部卒業
  • 1989年 : 医学博士(北海道大学第3520号)

職歴

  • 1979年 : 滝川市立病院内科研修医
  • 1980年 : 北海道大学医学部附属病院研修医
  • 1983年 : 苫小牧市立総合病院内科医師
  • 1984年 : 町立栗沢病院内科医師
  • 1989年 : 米国ロックフェラー大学研究員(ニューヨーク)
  • 1991年 : 米国ピコワー医学研究所主任研究員(ニューヨーク)
  • 1996年 : 北海道大学医学部講師
  • 2000年 : 久留米大学医学部内分泌代謝内科主任教授
  • 2002年 : 久留米大学医学部糖尿病合併症学教授
  • 2003年 : エー・ジー・イーAGE内科クリニック 開設
  • 2008年 : エー・ジー・イーAGE牧田クリニック 開設

主な主任研究事業

  • バイオベンチャー研究開発拠点整備事業
  • 総額1億円
研究の要約 / research summary

糖尿病合併症の治療にすぐに役立つ臨床研究を糖尿病医の立場から行ってきました。

The New England Journal of Medicine

(1991年9月19日号、Advanced Glycosylation End Products in Patients with Diabetic Nephropathy, N Engl J Med 325: 836-842, 1991)に糖尿病の人の血液中にはAGEが溜まっていること、特に腎臓が悪くなるとそれが著しくなり、糖尿病合併症の悪化の大きな原因になっていることを発表しました。この雑誌は世界中の医師が最新、最高の医学知識を得るために毎週欠かさず読むもので、わたしの論文も、血糖値ではなく合併症が重要だということを再確認させたものとして大きな反響がありました。

Science誌

(1992年10月23日号、 Hemoglobin-AGE: A Circulating Marker of Advanced Glycosylation, Science 258: 651-653, 1992)に糖尿病合併症の検査として血液中のAGEの測定が重要であることを発表しました。同時に糖尿病合併症治療薬の開発には HbA1c(糖尿病の過去1~3ヶ月の平均血糖値)ではなくAGE測定が必要であることを明らかにしました。この論文は、糖尿病治療法に新たな黎明を与えたと評価されました。また、この号は、偶然にも(幸運にも)「日本の科学」を紹介する特集号で今の天皇陛下の(ただ著差名はAkihitoとなっています。苗字はないのでしょうね)記事が載っていました。そこでは、徳川家康や長崎出島の写真とともに日本の科学の歴史が判りやすく書かれています。天皇陛下が研究されていたのはIchthyology(魚類学)であることも初めて知りました(Akihito, Early Cultivators of Science in Japan, Science, 258: 578-580, 1992)。

The Lancet 誌

(1994年6月18日号、Reactive Glycosylation Endproducts in Diabetic Uremia and Treatment of Renal Failure,Lancet 343:1519-1522,1994)に血液中のAGEは糖尿病の腎臓疾患(糖尿病腎症)を悪化させる重要な要因であり、血液透析を受けるような腎臓の悪い糖尿病者では血液中のAGEを低下させる治療が必要であることを明らかにしました。同時に、糖尿病者では透析よりも腎臓移植治療の方がAGE除去効果ははるかに優れていることも報告しました。わが国でも、腎臓移植治療がもっと進むことが期待されます。

Diabetes誌

(1997年5月号、Progression of Nephropathy in Spontaneous Diabetic Rats Is Prevented by OPB-9195,a Novel Inhibitor of Advanced Glycation,Diabetes 46:895-899,1997)に、AGE形成を抑える薬を飲ませると(ラットでの研究)、血糖値が270mg/dlもの高血糖の糖尿病でも腎症(腎臓が悪くなる余病)はほとんど起こらないことを報告しました。つまり、AGEが合併症の重要な原因であることを証明したとともに、AGE形成阻害剤で合併症は抑えられるが分かったわけです。血糖が高くても合併症治療薬を飲んでいれば大丈夫というこの発表は、糖尿病の方々に大きな希望を与えるもので、当時の読売新聞に取り上げられわたしの患者さんも大変喜んでくれました。

研究業績 / achievements

1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989
1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000
2001 | 2002 | 2003 | 2004
ABSTRACTS:( only in the U.S.A. )

発表年 : 1982年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 1) Nakagawa S, Makita Z: A methodological study on the solid phase radioimmunoassay of serum insulin.(ビーズ固相法による血清インスリン測定キットの検討) Hormone and Clinics (ホルモンと臨床) 30:101-105, 1982
2) Komori K, Nakayama H, Aoki S, Kadota S, Manda N, Kuroda Y, Minakami H, Makita Z, Nakagawa S: Effects of acute hyperinsulinemia on insulin receptors in rat erythrocytes and liver plasma membranes.
(急性高インスリン血症下におけるラット赤血球及び肝細胞膜インスリン受容体の動態について) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:155-163, 1982
3) Kuroda Y, Nakayama H, Makita Z, Minagami H, Aoki S, Satoru K, Komori K, Manda N, Oda K, Kudo M, Nakagawa S: Studies on continuous subcutaneous insulin infusion therapy: A clinical approach to improvement of blood glucose control.(持続インスリン皮下注入による糖尿病コントロール法の検討) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:221-230, 1982
4) Manda N, Nakayama H, Aoki S, Sato M, Kadota S, Komori K, Kuroda Y, Minakami H, Makita Z, Nakagawa S, Kudo M: Determination of glucosylated albumin and its clinical significance in diabetes mellitus.(Glucosylated Albumin測定法とその臨床的意義) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:691-696, 1982
5) Minakami H, Nakayama H, Aoki S, Komori K, Manda N, Kuroda Y, Makita Z, Nakagawa S, Oda K, Kurihara Y, Kudo M: Diabetic nephropathy and urinary N-acetyl-β-D-glucosaminidase activity.(糖尿病性腎症と尿中N-acetyl-β-D-glucosaminidase活性について) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:837-840, 1982
6) Nakayama H, Manda N, Komori K, Aoki S, Kurihara Y, Kadota S, Minakami H, Makita Z, Ono Y, Nakagawa S: Studies on the determination of glucosylated albumin using affinity chromatography.(Affinity ChromatographyによるGlucosylated Albumin測定の基礎的検討) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25: 963-968, 1982
7) Nakayama H, Manda N, Komori K, Aoki S, Kurihara Y, Kadota S, Kuroda Y, Minakami H, Makita Z, Ono Y, Nakagawa S: Measurement of glucosylated serum proteins using affinity chromatography.(Affinity ChromatographyによるGlucosylated Serum Proteinsの測定) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:1011-1013, 1982
8) Minakami H, Nakayama H, Aoki S, Komori K, Manda N, Kuroda Y, Makita Z, Nakagawa S: Diabetes mellitus during the course of infectious mononucleosis.(伝染性単球増加症後に発症したインスリン依存性糖尿病の1例) J Japan Diab Soc(糖尿病) 25:625-631, 1982
総説 1) 牧田善二:乳酸アシドーシス. 救命と救急 3:23-25, 1982
発表年 : 1983年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 9) Minakami H, Nakayama H, Aoki S, Komori K, Kuroda Y, Makita Z, Taneda S, Misawa K, Oda K, Kurihara Y, Kudo M, Nakagawa S: N-acetyl-β-D-glucosaminidase and β2-microglobulin in diabetic nephropathy.(糖尿病性腎障害における尿中N-acetyl-β-D-glucosaminidaseと血中・尿中β2-microglobulinの臨床的意義) J Japan Diab Soc(糖尿病) 26:111-118, 1983
10) Kuroda Y, Nakayama H, Komori K, Aoki S, Minakami H, Makita Z, Taneda S, Misawa K, Kadota S, Nakagawa S: Preparation and biological properties of glucosylated insulin.(Glucosylated Insulinの生成、分離とその生物学的性状) J Japan Diab Soc(糖尿病) 26:119-125, 1983
11) Minakami H, Kuroda Y, Nakayama H, Aoki S, Kadota S, Makita Z, Taneda S, Misawa K, Tsushima S, Nakagawa S, Kudo M: Glucagon receptor of rat renal tubular cells.(ラット腎尿細管細胞のGlucagon Receptor) J Japan Diab Soc(糖尿病) 26:1011-1017, 1983
12) Ono Y, Makita Z, Nakayama H, Nakagawa S, Tashiro K: Probable Wernickeユs encephalopathy following administration of large dosage of furosemide.(フロセマイド大量投与に起因したWernicke脳症と思われる1症例) Nippon Naika Gakkai Zasshi(日本内科学会雑誌) 72:791-795, 1983
13) 皆上宏俊、中山秀隆、小森克俊、青木伸、黒田義彦、牧田善二、種田伸二、三沢和史、中川昌一:尿中N-acethyl-beta-D-glucosamidase測定の基礎的ならびに臨床的検討. 基礎と臨床 17:201-206, 1983
発表年 : 1984年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 14) Kuroda Y, Nakayama H, Aoki S, Minakami H, Makita Z, Taneda S, Misawa K, Kadota S, Tsushima T, Nakagawa S: Effect of N-ethylmaleimida(NEM) on 125I-insulin binding.(N-ethylmaleimideによるインスリン結合能の変化) J Japan Diab Soc(糖尿病) 27:639-642, 1984
15) Taneda S, Makita Z, et al: Radioimmunoassay of nonenzymatically glucosylated albumin. J Japan Diab Soc 27:639-642, 1984
発表年 : 1985年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 16) Kurihara Y, Kumano H, Makita Z, Nakayama H, Komori K, Kuroda Y, Taneda S, Ono Y, Nakagawa S: The usefulness of percutaneous transhepatic portal vein catheterization with measurement of radioimmunoreactive insulin concentrations in the localization of insulinomas.(インスリノーマの部位診断における経皮経肝門脈カテーテル法の有用性について) J Japan Diab Soc(糖尿病) 28:633-639, 1985
発表年 : 1986年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 17) Taneda S, Nakayama H, Aoki S, Komori K, Kuroda Y, Makita Z, Misawa K, Tsushima S, Yoshida H, Sawamura Y, Saho M, Nakagawa S: Radioimmunoassay of nonenzymatically glucosylated albumin.(Nonenzymatically Glucosylated AlbuminのRadioimmunoassay) J Japan Diab Soc(糖尿病) 29:581-590, 1986
発表年 : 1987年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 18) Nakayama H, Makita Z, Kato M, Taneda S, Yoshida H, Yanagisawa K, Nakagawa S: Quantitative enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) for non-enzymatically glycated serum protein. J Immunol Methods 99:95-100, 1987
発表年 : 1988年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 19)Nakayama H, Kato M, Makita Z, Aoki S, Kuroda Y, Misawa K, Yanagisawa K, Nakagawa S, Ikeda K: A radioimmunoassay for an advanced glycosylation endproduct. J Immunol Methods 112:57-61, 1988
発表年 : 1989年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 20) Kato M, Nakayama H, Makita Z, Aoki S, Kuroda Y, Misawa K, Yoshida H, Yanagisawa K, Nakagawa S: Radioimmunoassay for non-enzymatically glycated serum proteins. Horm Metabol Res 21:245-248, 1989
21) Makita Z: Radioimmunoassay for the determination of glycated Hemoglobin and its clinical significance.(RadioimmunoassayによるGlycated Hemoglobin測定法の開発とその臨床的意義) Hokkaido Igaku Zasshi(北海道医学雑誌) 64:65-74, 1989
総説 2) Makita Z: Preventation of diabetic complications by glycation inhibitors. (タンパクの糖化抑制物質による糖尿病合併症の予防) BIOmedica 4:264-269, 1989
発表年 : 1991年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 22) Makita Z, Nakayama H, Taneda S, Kato M, Kuroda Y, Aoki S, Misawa K, Nakagawa S: Radioimmunoassay for the determination of glycated haemoglobin. Diabetologia 34:40-45, 1991
23) Z Yang, Makita Z, Horii Y, S Brunelle, A Cerami, P Sehajptal, M Suthanthiran, H Vlassara: Two novel rat liver membrane proteins that bind advanced glycosylation endproducts: Relationship to macrophage receptor for glucose-modified proteins. J Exp Med 174:515-524, 1991
24) E Y Skolnik, Z Yang, Makita Z, S Radoff, M Kirstein, H Vlassara: Human and rat mesangial cell receptors for glucose-modified proteins: Potential role in kidney tissue remodelling and diabetic nephropathy. J Exp Med 174:931-939, 1991
25) Makita Z, S Radoff, E J Rayfield, Z Yang, E Skolnik, V Delaney, E A Friedman, A Cerami, H Vlassara: Advanced glycosylation end products in patients with diabetic nephropathy. N Engl J Med 325:836-842, 1991
26) S Radoff, Makita Z, H Vlassara: Radioreceptor assay for advanced glycosylation end products. Diabetes 40:1731-1738, 1991
発表年 : 1992年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 27) Makita Z, H Vlassara, A Cerami, R Bucala: Immunochemical detection of advanced glycosylation end products in vivo. J Biol Chem 267:5133-5138, 1992
28) Makita Z, H Vlassara, E Rayfield, K Cartwright, E Friedman, R Rodby, A Cerami, R Bucala: Hemoglobin-AGE: a circulating marker of advanced glycosylation. Science 258:651-653, 1992
29) H Vlassara, H Fuh, Makita Z, S Krungkai, A Cerami, R Bucala: Exogenous advanced glycosylation endproducts induce complex vascular dysfunction in normal animals: A model for diabetic and aging complications. Proc Natl Acad Sci USA 89:12043-12047, 1992
発表年 : 1993年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 30) R Bucala, Makita Z, T Koschinsky, A Cerami, H Vlassara: Lipid advanced glycosylation: Pathway for lipid oxidation in vivo. Proc Natl Acad Sci USA 90:6434-6438, 1993
31) F Imani, Horii Y, M Suthanthiran, E Y Skolnik, Makita Z, V Sharma, P Sehajpal, H Vlassara: Advanced glycosylation endproduct-specific receptors on human and rat T-lymphocytes mediate synthesis of interferon gamma: Role in tissue remodeling. J Exp Med 178:2165-2172, 1993
32) Nakamura Y, Horii Y, Nishino T, Shiiki H, Sakaguchi Y, Kagoshima T, Dohi K, Makita Z, H Vlassara, R Bucala: Immunohistochemical localization of advanced glycosylation endproducts in coronary atheroma and cardiac tissue in diabetes mellitus. Am J Pathol 143:1649-1656, 1993
33) S M Korbet, Makita Z, C A Firanek, H Vlassara: Advanced glycosylation end products in continuous ambulatory peritoneal dialysis patients. Am J Kidney Dis 22:588-591, 1993
総説 3) 牧田善二: AGEと糖尿病性腎症. メディカルレビュー社 Diabetes Frontier 4:427-432, 1993
発表年 : 1994年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 34) Makita Z, R Bucala, E J Rayfield, E A Friedmaln, A M Kaufman, S M Korbet, R H Barth, J A Winston, H Fuh, K R Manogue, A Cerami, H Vlassara: Reactive glycosylation endproducts in diabetic uraemia and treatment of renal failure. Lancet 343:1519-1522, 1994
35) R Bucala, Makita Z, G Vega, S Grundy, T Koschinsky, A Cerami, H Vlassara: Modification of low density lipoprotein by advanced glycation end products contributes to the dyslipidemia of diabetes and renal insuffciency. Proc Natl Acad Sci USA 91:9441-9445, 1994
総説 4) 柳沢克之、牧田善二、小池隆夫:グリケーションと細動脈硬化症. 腎と透析 37:705-710, 1994
著書 1) 牧田善二、小池隆夫:AGEと糖尿病合併症. 金原出版 分子糖尿病学の進歩ム基礎から臨床までー:216-223, 1994
2) 牧田善二:終末糖化物質(AGE)の面から. 診断と治療社(日本糖尿病学会編)糖尿病学の進歩 '94 シンポジウム5:191, 1994
3) 牧田善二、吉岡成人、柳沢克之、桑島悟、渥美敏也、蓮沼祐子、小池隆夫:糖尿病患者の動脈硬化症進展の病因としてのAGE-LDL. (株)メディカルジャーナル社(糖尿病性合併症研究会編) 糖尿病合併症 Vol. 8:112-117, 1994
シンポジウム 5) 牧田善二:終末糖化物質(AGE)の面から(特別発言) 診断と治療社(日本糖尿病学会編) 糖尿病学の進歩 '94 シンポジウム5:191, 1994
発表年 : 1995年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 36) Nishino T, Horii Y, Shiiki H, Yamamoto H, Makita Z, R Bucala, Dohi K: Immunohistochemical detection of advanced glycosylation end products within the vascular lesions and glomeruli in diabetic nephropathy. Hum Pathol 26: 308-313, 1995
37) P J Beisswenger, Makita Z, T J Curphey, L L Moore, S Jean, T Brinck-Johnsen, R Bucala, H Vlassara: Formation of immunochemical advanced glycosylation end products precedes and correlates with early manifestations of renal and retinal disease in diabetes. Diabetes 44:824-829, 1995
38) Makita Z: Toxicity of glucose: is AGE the answer? Nephrol Dial Transpl 10(Suppl. 7):33-37, 1995
39) Makita Z, Yanagisawa K, Kuwajima S, Yoshioka N, Atsumi T, Hasunuma Y, Koike T: Advanced glycation endproducts and diabetic nephropathy. J Diabetes Complicat 9:265-268, 1995
40) Makita Z, Yoshioka N, Yanagisawa K, Kuwajima S, Atsumi T, Hasunuma Y, Koike T: Circulating AGE-LDL: A possible role in the development of atherosclerosis in diabetic patients.(糖尿病患者の動脈硬化症進展の病因としてのAGE-LDL)Ann Japan Soc Res Diab Complicat ((株)メディカルジャーナル社 糖尿病性合併症) 8:112-117, 1995
総説 5) 土田健一、牧田善二:糖尿病と酸塩基平衡異常. 腎と透析 39:216-220, 1995
6) 桑島悟、牧田善二、小池隆夫:グリケーションおよびAGEの病態的意義. 現代医療 27:61-66, 1995
7) 白土修、伊藤俊一、更科奈保、牧田善二、柳沢克之、小池隆夫:糖尿病教育入院に対する運動療法. J Clin Rehabilitation 4:1095-1099, 1995
8) 牧田善二:HbA1Cの測定法と指導の進め方. プラクティス 12:480-483, 1995
9) 鈴木芳樹、牧田善二、瓜生康平、羽田勝計、谷亀光則:糖尿病性腎症ム最近の話題. JAMA(日本語版) 12月号:63-66, 1995
著書 4) 牧田善二:AGEと糖尿病における合併症. 小坂樹徳・赤沼安夫編 1995糖尿病学:209-223, 1995
5) 牧田善二:AGE-LDL 秀潤社 岡芳知・清野進監修 糖尿病研究ストラテジー:123-125, 1995
6) 牧田善二:グリケーション. 羊土社 門脇孝・河盛隆造・渥美義仁編 メディカル用語ライブラリー 糖尿病:140-141, 1995
発表年 : 1996年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 41) Makita Z, Yanagisawa K, Kuwajima S, R Bucala, H Vlassara, Koike T: The role of advanced glycosylation end-products in the pathogenesis of atherosclerosis. Nephrol Dial Tanspl 11: 31-33, 1996
総説 10) 牧田善二、小池隆夫:終末糖化産物と糖尿病性腎症. メディカルレビュー社 Diabetes Frontier 7:509-512, 1996
11) 牧田善二、菊地誠志、田代邦雄:糖尿病の治療と神経障害. 中外医学社 Clin Neuroscience 14: 90-93, 1996
12) 牧田善二、柳沢克之、小池隆夫:AGE/AGE受容体. 医学書院 medicina 33:305-308, 1996
13) 牧田善二:Uremic toxinとしてのAGE. 日本メディカルセンター 腎不全 8:15-19, 1996
14) 牧田善二、小池隆夫:糖尿病の合併症に対する治療薬. プラクティス 13:536-541, 1996
15) 土田健一、牧田善二、小池隆夫:「AGE」の臨床的意義. (株)SRL SRL宝函 20:80-85, 1996
16) 柳沢克之、牧田善二、小池隆夫:やせ型症例. 総合医学社 今月の治療 4:19-21, 1996
17) 藤井渉、牧田善二:AGE. 臨床検査 40:1161-1166, 1996
18) 柳沢克之、牧田善二、小池隆夫:難治症例の特徴ム糖尿病性腎症. 腎と透析 40:75-79, 1996
19) 柳沢克之、牧田善二、小池隆夫:グリケーションとフリーラジカル. 診断と治療 84:1745-1750, 1996
著書 7) 牧田善二:糖化タンパク質(AGE, AGEレセプター, メイラード反応) 秀潤社 佐藤靖史・山田信博監修 動脈硬化症+高脂血症研究ストラテジー:382-384, 1996
8) 牧田善二:Advanced glycation endproduct(AGE) 医学書院 繁田幸男編 糖尿病治療辞典:446-448, 1996
9) 牧田善二:アミノグアニジン 医学書院 繁田幸男編 糖尿病治療辞典:449, 1996
発表年 : 1997年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 42) Hasunuma Y, Matsuura E, Makita Z, Katahira T, Nishi S, Koike T: Involvement of β2-glycoprotein I and anticardiolipin antibodies in oxidatively modified low-density lipoprotein uptake by macrophages. Clin Exp Immunol 107:569-573, 1997
43) Yamauchi A, Takei I, Makita Z, Nakamoto S, Ohashi N, Kiguchi H, Ishii T, Koike T, Saruta T: Effects of aminoguanidine on serum advanced glycation endproducts, urinary albumin excretion, mesangial expansion, and glomerular basement membrane thickening in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats. Diabtes Res Clin Pr 34:127-133, 1997
44) Nakamura S, Makita Z, Ishikawa S, Yasumura K, Fujii W, Yanagisawa K, Kawata T, Koike T: Progression of nephropathy in spontaneous diabetic rats is prevented by OPB-9195, a novel inhibitor of advanced glycation. Diabetes 46:895-899, 1997
総説 20) 佐藤恵、河田哲也、牧田善二、小池隆夫:非薬物療法・薬物療法開始の実際と予防/閉塞性動脈硬化症. 腎と透析 43:357-360, 1997
21) 牧田善二:AGE阻害による糖尿病性腎症治療の可能性. Thrapeutic Research 133:134-137, 1997
著書 10) 柳沢克之、牧田善二:高血糖と動脈硬化. (株)メジカルビュー社 河盛隆造・柏木厚典・門脇孝編 Modern Diabetes(2)糖尿病血管合併症の診断と治療:190-197, 1997
11) 柳沢克之、牧田善二:糖尿病の病態生理と蛋白糖化反応. 医学書院 繁田幸男・谷口直之編 蛋白の糖化 - AGEの基礎と臨床 - :50-56, 1997
12) 渥美敏也、柳沢克之、牧田善二:インスリン持続注入(CSII)療法を始める前に. 医歯薬出版(株) 野中共平編 インスリン持続皮下注入療法マニュアル:11-31, 1997
13) 柳沢克之、牧田善二:よりよいコントロールのために. 医歯薬出版(株) 野中共平編 インスリン持続皮下注入療法マニュアル:47-64, 1997
著書 14) 藤井渉、柳沢克之、牧田善二:トラブルシューティング. 医歯薬出版? 野中共平編 インスリン持続皮下注入療法マニュアル:121-127, 1997
15) 柳沢克之、牧田善二:CSII関連用語解説. 医歯薬出版(株) 野中共平編 インスリン持続皮下注入療法マニュアル:129-130, 1997
16) 柳沢克之、牧田善二、小池隆夫:当科における糖尿病の診断と治療. 真興交易医書出版部編 糖尿病の診断と治療:1-11, 1997
シンポジウム 12) 牧田善二:AGE阻害による糖尿病性腎症治療の可能性. 第14回東京糖尿病性腎症セミナー 特別講演 ライフサイエンス出版(株) Therapeutic Res 18:134-137, 1997
発表年 : 1998年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 45) Yanagisawa K, Makita Z, Shiroshita K, Ueda T, Fusegawa T, Kuwajima S, Takeuchi M, Koike T: Specific fluorescence assay for advanced glycation end-products in blood and urine of diabetic patients. Metabolism 47:1348-1353, 1998
46) Sasaki N, Fukatsu R, Tsuzuki K, Hayashi Y, Yoshida T, Fujii N, Koike T, Wakayama I, R Yanagihara, R Garruto, Amano N, Makita Z: Advanced glycation end products in Alzheimer's disease and other neurodegenerative diseases. Am J Pathol 153:1149-1155, 1998
47) Miyoshi H, Yanagisawa K, Atsumi T, Tsuchida K, Obara S, Kondo T, Masuda H, Ishida M, Makita Z, Koike T: Analysis of AGE-peptides in urine of diabetic patients by a specific fluorescence assay for advanced glycation end-products.(Advanced Glycation End-product(AGE)特異的蛍光測定法による糖尿病患者尿中AGE-peptideの検討) 糖尿病性腎症(エーザイ発行) 9:65-68, 1998
総説 22) 渥美敏也、牧田善二:糖尿病合併症の分子機構とAGE (advanced glycation end-products). Medical Practice 15:124-125, 1998
23) 石田三紀子、牧田善二:AGE阻害薬 - アミノグアニジンとその後 - . ライフサイエンス出版 治療学 32:103-104, 1998
24) 牧田善二、桑島悟:赤血球膜蛋白の非酵素的糖化. 日本臨床 糖尿病(3) 56:181-184, 1998
25) 三好秀明、牧田善二:血液関係Advanced glycation endproduct (AGE). 日本臨床 糖尿病(3) 56:185-189, 1998
26) 三好秀明、牧田善二:尿関係Advanced glycation endproduct (AGE). 日本臨床 糖尿病(3) 56:411-415, 1998
27) 土田健一、牧田善二:IDDMのインスリン療法 - インスリンポンプ療法の適応と実際. medicina 35:1920-1923, 1998
28) 増田創、牧田善二:糖尿病性腎症の成因. 医学のあゆみ184:851-854, 1998
29) 牧田善二、土田健一、小池隆夫:AGE・増殖因子. 糖尿病 41:11-13, 1998
著書 17) 牧田善二:糖化. 先端医学社 荻原俊男・齋藤康・馬渕宏編 KEY WORD(高脂血症・動脈硬化)1998-2000:134-135, 1998
18) 牧田善二:ヘモグロビンA1C. 先端医学社 河盛隆造・吉川隆一・阿部隆三編 KEY WORD(糖尿病)1998-1999:194-195, 1998
19) 近藤琢磨、牧田善二:非酵素的糖化. 南江堂 プラクティカル内科シリーズ3 糖尿病性腎症:161-165, 1998
その他 14) 牧田善二:さわやか道民・健康講座 糖尿病の予防と期待される治療. 北海道歯会誌 53:33-34, 1998
発表年 : 1999年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 48) Tsuchida K, Makita Z, Yamagishi S, Atsumi T, Miyoshi H, Obara S, Ishida M, Ishikawa S, Yasumura K, Koike T: Suppression of transforming growth factor beta and vascular endothelial growth factor in diabetic nephropathy in rats by a novel advanced glycation end product inhibitor, OPB-9195. Diabetologia 42:579-588, 1999
49) Kikuchi S, Shinpo K, Morikawa F, Makita Z, Mayata T, Tashiro K: Neurotoxicity of methylglyoxal and 3-deoxyglucosone on cultured cortical neurons: Synergism between glycation and oxidative stress, possibly involved in neurodegenerative diseases. J Neurosci Res 57:280-289, 1999
原著 50) Takeuchi M, Makita Z, Yanagisawa K, Kameda Y, Koike T: Detection of non-carboxymethyllysine and carboxymethyllysine advanced glycation end-products (AGE) in serum of diabetic patients. Mol Med 5:393-405, 1999
総説 30) 牧田善二:酸化ストレスと最終糖化産物. BIO Clinica 14:40-44, 1999
31) 曾根真由美、牧田善二:経口血糖降下薬二次無効へのアプローチ. 医学のあゆみ 188:516-517, 1999
32) 三好秀明、牧田善二:合併症治療薬剤とその将来. 今月の治療 7:26-30, 1999
33) 三好秀明、柳沢克之、牧田善二:壊疽. 治療 81:98-104, 1999
著書 20) Yamauchi A, Takei I, Makita Z, Saruta T: Effects of aminoguanidine on diabetic nephropathy in the OLETF rat. Obesity and NIDDM: Lessons from OLETF Rat. In Shima K ed. Elsevier Science B. V. :215-221, 1999
21) 牧田善二:AGE. 診断と治療社 日本糖尿病学会編 糖尿病学の進歩 '99:199-202, 1999
22) 柳沢克之、牧田善二:糖尿病性腎症とAGE阻害. 中外医学社 Annual Review 腎臓 1999:242-246, 1999
23) 小原慎司、牧田善二:インスリンポンプ使用例. メジカルビュー社 症例に学ぶ糖尿病専門医のみるポイント40:ケース27, 1999
発表年 : 2000年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 51) Takeuchi M, Makita Z, R Bucala, Suzuki T, Koike T, Kameda Y: Immunological evidence that non-carboxymethyllysine advanced glycation end-products are produced from short-chain sugars and dicarbonyl compounds in vivo. Mol Med 6:114-125, 2000
52) Takeuchi M, R Bucala, Suzuki T, Ohkubo T, Yamazaki M, Koike T, Kameda Y, Makita Z: Neurotoxicity of advanced glycation end-products for cultured cortical neurons. J Neuropathol Exp Neurol 59:1094-1105, 2000
53) Atsumi T, Nishihira J, Tsuchida K, Makita Z, Koike T: Enhancement of oxidized low density lipoprotein uptake by macrophages in response to macrophage migration inhibitory factor. Cytokine 12:1553-1556, 2000
54) 牧田善二:糖尿病腎症における細動脈レベルでの異常糸球体硬化におけるAGEとその抑制. 日本老年医学会雑誌 37:600-602, 2000
総説 34) 増田創、牧田善二: 高血糖がなぜ血管障害を引き起こすかーAGEsを中心にー. CURRENT THERAPY 18:17-22, 2000
35) 山田研太郎、牧田善二:血糖値管理の考え方とその推移. 臨床と薬物治療 19:745-748, 2000
36) 香野修介、牧田善二:糖化および変性リポ蛋白, Lp(a)と糖尿病. メディカルレビュー社 Diabetes Frontier 11:489-493, 2000
37) 野中共平、小林哲郎、難波光義、牧田善二:インスリンリスプロの持続皮下インスリン注入療法における臨床評価. 臨床医薬 16:1677-1685, 2000
38) 小路眞護、牧田善二:合併症の見方と治療・管理4.腎症. 日本内科学会雑誌 89:88-93, 2000
39) 古賀康八郎、牧田善二:AGE阻害剤アミノグアニジン大規模臨床試験の成績. 科学評論社 内分泌・糖尿病科 11:280-284, 2000
40) 古賀康八郎、牧田善二:グリケーションカスケードと血管合併症の病態. 医歯薬出版(株) 医学のあゆみ 195:795-798, 2000
41) 古賀康八郎、牧田善二:グリケーションー最近の知見. 東京医学社 腎と透析 48:771-775, 2000
42) 高根直子、牧田善二:不安定糖尿病. medicina 37:2016-2018, 2000
43) 今村洋一、牧田善二:わが国におけるインスリンポンプの現状. Diabetes Journal 28:33-35, 2000
44) 今村洋一、牧田善二:臨床講義・インスリン持続注入療法(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII). 臨床と研究 77:118-121, 2000
著書 24) 小原慎司、牧田善二:リスクファクターとしての糖代謝の意義. メディカルレビュー社 森崎信尋・山田信博・佐藤靖史・横出正之編 最新・分子動脈硬化学:143-147, 2000
その他 11) 門脇孝・牧田善二・宮川高一:【座談会】広がる疾患スペクトラムにどう対応するか. 中外医学社 臨床医 26:112-123, 2000
12) 牧田善二:糖尿病治療の課題. (教授就任講演) 久留米医学会雑誌 63:155-157, 2000
発表年 : 2001年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 55) Sasaki N, Toki S, Chowei H, Saito T, Nakano N, Hayashi Y, Takeuchi M, Makita Z: Immunohistochemical distribution of the receptor for advanced glycation end products in neurons and astrocytes in Alzheimer's disease. Brain Res 888:256-262, 2001
56) Takeuchi M, Makita Z: Alternative routes for the formation of immunochemically distinct advanced glycation end-products in vivo. Curr Mol Med 1:305-315, 2001
57) YamadaH, Hirayama Kato E, Tsuruga R, Ebina Y, Kobashi G, Sagawa T, Makita Z, Koike T, Fujimoto S: Insulin response patterns contribute to different perinatal risks in gestational diabetes. Gynecol Obstet Invest 51:103-109, 2001
58) Tominaga M, Kobayashi I, Kuwa K, Takei I, Hoshino T, Yoshino G, Kanno T, Katayama Y, Kuzuya H, Kuwajima M, Taminato T, Makino E, Ono J, Makita Z, Shichiri M: Report of the committee on standardization of laboratory testing related to diabetes mellitus: Standardization and proper use of devices for self-monitoring of blood glucose.(Committee Report) (委員会報告 血糖自己測定機器の標準化と適性使用について) J Japan Diab Soc(糖尿病) 44:165-176, 2001
59) Tominaga M, Kobayashi I, Kuwa K, Takei I, Hoshino T, Yoshino G, Konno T, Katayama Y, Kuzuya H, Kuwajima M, Taminato T, Makino E, Ono J, Makita Z, Shichiri M: Report of the committee on standardization of laboratory testing related to diabetes mellitus: National survey on glycohemoglobin.(第6回グリコヘモグロビン精度管理調査について) J Japan Diab Soc(糖尿病) 44:283-286, 2001
原著 60) Kikuchi S, Shinpo K, Fujii J, Makita Z, Takeuchi M, Taniguchi N, Tashiro K: Abnormal Glycation in ALS. Elsevier Sci B V 255-263, 2001
61) Takeuchi M, Yanase Y, Matsuura N, Yamagishi S, Kameda Y, R Bucala, Makita Z: Immunological Detection of a Novel Advanced Glycation End-Product. Mol Med 7:783-791, 2001
62) Endo M, Yanagisawa K, Tsuchida K, Okamoto T, Matsushita T, Higuchi M, Matsuda A, Takeuchi M, Makita Z, Koike T: Increased Levels of Vascular Endothelial Growth Factor and Advanced Glycation End Products in Aqueous Humor of Patients With Diabetic Retinopathy. Horm Metab Res 33:317-322, 2001
63) Kondo T, Higashi H, Nishizawa H, Ishikawa S, Ashizawa S, Yamada M, Makita Z, KoikeT, Hatakeyama M: Involvement of pRB-related p107 protein in the inhibition of S-phase progression in response to genotoxic stress. J Biol Chem, 276:17559-17567, 2001
総説 45) 山田研太郎、牧田善二:作用機序より期待される経口薬. メディカルレビュー社 Diabetes Frontier 12:87-90, 2001
46) 高根直子、牧田善二:糖尿病の薬物療法. (株)クリニックマガジン CLINIC magazine 2:22-27, 2001
47) 小路眞護、牧田善二、野中共平:超速効型インスリンとCSII. メディカルレビュー社 Diabetes Frontier 12:41-45, 2001
48) 小路眞護、牧田善二:埋込型インスリンポンプ. (株)メディカルジャーナル社 べんちのーと 14:7, 2001
49) 山岸昌一、牧田善二、竹内正義: 糖尿病腎症の発症機構とその治療. 南江堂 内科 87:1597-1600, 2001
50) 香野修介、牧田善二:αグルコシダーゼ阻害剤とビグアナイド薬あるいはインスリン抵抗性改善薬の併用療法について. 科学評論社 内分泌、糖尿病科. 12:569-573, 2001
51) 高根直子、牧田善二:薬物療法の適応と使いかた メトホルミン・インスリン抵抗性改善薬. 文光堂 Medical Practice 18:1699-1702, 2001
52) 古賀康八郎、山岸昌一、牧田善二:食物の褐変と糖尿病(1). ライフサイエンス出版 薬の知識 52:23, 2001
53) 古賀康八郎、山岸昌一、牧田善二:食物の褐変と糖尿病(2). ライフサイエンス出版 薬の知識 52:24, 2001
著書 25) 香野修介、牧田善二:インスリンポンプ治療の最前線. 金原出版 分子糖尿病学の進歩 - 基礎から臨床まで - 2001, 118-122, 2001
26) 曾根真由美、牧田善二:非酵素的糖化. 文光堂 吉川隆一編メディカルスタッフのための糖尿病性腎症のアプローチ, 20-21, 2001
27) 林秀樹、牧田善二:チクロピジン治療による非増殖型糖尿病網膜症の進展抑制:TIMAD Study. 先端医学社 岩本安彦・河盛隆造・清野裕・田嶼尚子編DATA UPDATE 糖尿病:210-211, 2001
28) 山田研太郎、牧田善二: グリコヘモグロビン・グリコアルブミン, フルクトサミン・アンヒドログルシトール. 診断と治療社 日本糖尿病学会編 糖尿病専門医研修ガイドブックー日本糖尿病学会専門医取得のための研修必携ガイド. 144-150, 2001
29) 牧田善二:レクチュア・10糖尿病の管理のあり方 1.治療に関する基本的あり方. 診断と治療社 日本糖尿病学会編 糖尿病の療養指導2001. 155-158, 2001
30) 古賀康八郎、山岸昌一、牧田善二:糖尿病性腎症の発症・進展機構とその予防. 東京医学社 腎と透析 2001: 58-61, 2001
31) Yamagishi S, Takeuchi M, Makita Z: Advanced Glycation End Products and the Pathogenesis of Diabetic Nephropathy. Tomino Y (ed): Type-2 Diabetic Nephropathy in Japan. From Bench to Bedside. Contrib Nephrol. Basel, Karger, Vol.134:30-35, 2001
原著 64) Takeuchi M, Makita Z. Alternative routes for the formation of immunochemically distinct advanced glycation end-products in vivo. Curr Mol Med. 2001 Jul;1(3):305-15. Review.
発表年 : 2002年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 65) Yamagishi S, Amano S, Inagaki Y, Okamoto T, Koga K, Sasaki N, Yamamoto H, Takeuchi M, Makita Z: Advanced Glycation End Products-Induced Apoptosis and Overexpression of Vascular Endothelial Growth Factor in Bovine Retinal Pericytes. Biochem Biophysical Res Commun 290:973-978, 2002
総説 54) 古賀康八郎、山岸昌一、牧田善二:糖尿病の非薬物療法の基本. 大道学館出版部 臨床と研究 79:35-37, 2002
著書 32)
原著 66) Okamoto T, Tanaka S, Stan AC, Koike T, Kase M, Makita Z, Sawa H, Nagashima K.
Advanced glycation end products induce angiogenesis in vivo.
Microvasc Res. 2002 Mar;63(2):186-95.
原著 67) Yamagishi S, Inagaki Y, Okamoto T, Amano S, Koga K, Takeuchi M, Makita Z.
Advanced glycation end product-induced apoptosis and overexpression of vascular endothelial growth factor and monocyte chemoattractant protein-1 in human-cultured mesangial cells.
J Biol Chem. 2002 Jun 7;277(23):20309-15.
原著 68) Sasaki N, Takeuchi M, Chowei H, Kikuchi S, Hayashi Y, Nakano N, Ikeda H, Yamagishi S, Kitamoto T, Saito T, Makita Z.
Advanced glycation end products (AGE) and their receptor (RAGE) in the brain of patients with Creutzfeldt-Jakob disease with prion plaques.
Neurosci Lett. 2002 Jun 28;326(2):117-20.
原著 69) Schwab W, Friess U, Hempel U, Schulze E, Makita Z, Kasper M, Simank HG.
Immunohistochemical demonstration of -(carboxymethyl)lysine protein adducts in normal and osteoarthritic cartilage.
Histochem Cell Biol. 2002 Jun;117(6):541-6.
原著 70) Yamagishi S, Okamoto T, Amano S, Inagaki Y, Koga K, Koga M, Choei H, Sasaki N, Kikuchi S, Takeuchi M, Makita Z.
Palmitate-induced apoptosis of microvascular endothelial cells and pericytes.
Mol Med. 2002 Apr;8(4):179-84.
原著 71) Miyoshi H, Taguchi T, Sugiura M, Takeuchi M, Yanagisawa K, Watanabe Y, Miwa I, Makita Z, Koike T.
Aminoguanidine pyridoxal adduct is superior to aminoguanidine for preventing diabetic nephropathy in mice.
Horm Metab Res. 2002 Jul;34(7):371-7.
原著 72) Yamagishi S, Inagaki Y, Amano S, Okamoto T, Takeuchi M, Makita Z.
Pigment epithelium-derived factor protects cultured retinal pericytes from advanced glycation end product-induced injury through its antioxidative properties.
Biochem Biophys Res Commun. 2002 Aug 30;296(4):877-82.
原著 73) Kikuchi S, Shinpo K, Ogata A, Tsuji S, Takeuchi M, Makita Z, Tashiro K.
Detection of N epsilon-(carboxymethyl)lysine (CML) and non-CML advanced glycation end-products in the anterior horn of amyotrophic lateral sclerosis spinal cord.
Amyotroph Lateral Scler Other Motor Neuron Disord. 2002 Jun;3(2):63-8.
原著 74) Inagaki Y, Yamagishi S, Amano S, Okamoto T, Koga K, Makita Z.
Interferon-gamma-induced apoptosis and activation of THP-1 macrophages.
Life Sci. 2002 Oct 11;71(21):2499-508.
原著 75) Okamoto T, Yamagishi S, Inagaki Y, Amano S, Koga K, Abe R, Takeuchi M, Ohno S, Yoshimura A, Makita Z.
Angiogenesis induced by advanced glycation end products and its prevention by cerivastatin.
FASEB J. 2002 Dec;16(14):1928-30.
原著 76) Atsumi T, Chesney J, Metz C, Leng L, Donnelly S, Makita Z, Mitchell R, Bucala R.
High expression of inducible 6-phosphofructo-2-kinase/fructose-2,6-bisphosphatase (iPFK-2; PFKFB3) in human cancers.
Cancer Res. 2002 Oct 15;62(20):5881-7.
原著 77) Takeuchi M, Yamagishi S, Makita Z.
[OPB-9195]
Nippon Rinsho. 2002 Sep;60 Suppl 9:606-10. Review. Japanese. No abstract available.
原著 78) Petrova R, Yamamoto Y, Muraki K, Yonekura H, Sakurai S, Watanabe T, Li H, Takeuchi M, Makita Z, Kato I, Takasawa S, Okamoto H, Imaizumi Y, Yamamoto H.
Advanced glycation endproduct-induced calcium handling impairment in mouse cardiac myocytes.
J Mol Cell Cardiol. 2002 Oct;34(10):1425-31.
原著 79) Koga K, Yamagishi S, Okamoto T, Inagaki Y, Amano S, Takeuchi M, Makita Z.
Serum levels of glucose-derived advanced glycation end products are associated with the severity of diabetic retinopathy in type 2 diabetic patients without renal dysfunction.
Int J Clin Pharmacol Res. 2002;22(1):13-7.
原著 80) Yamagishi S, Amano S, Inagaki Y, Okamoto T, Takeuchi M, Makita Z. Beraprost sodium, a prostaglandin i2 analogue, protects against advanced gycation end products-induced injury in cultured retinal pericytes.
Mol Med. 2002 Sep;8(9):546-50.
原著 81) Koga K, Yamagishi S, Takeuchi M, Inagaki Y, Amano S, Okamoto T, Saga T, Makita Z, Yoshizuka M.
CS-886, a New Angiotensin II Type 1 Receptor Antagonist, Ameliorates Glomerular Anionic Site Loss and Prevents Progression of Diabetic Nephropathy in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats.
Mol Med. 2002 Oct;8(10):591-9.
原著 82) Schwab W, Friess U, Hempel U, Schulze E, Makita Z, Kasper M, Simank HG.
Immunohistochemical demonstration of -(carboxymethyl)lysine protein adducts in normal and osteoarthritic cartilage.
Histochem Cell Biol. 2002 Jun;117(6):541-6. Epub 2002 May 22.
発表年 : 2003年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 83) Yonekura H, Yamamoto Y, Sakurai S, Petrova RG, Abedin MJ, Li H, Yasui K, Takeuchi M, Makita Z, Takasawa S, Okamoto H, Watanabe T, Yamamoto H.
Novel splice variants of the receptor for advanced glycation end-products expressed in human vascular endothelial cells and pericytes, and their putative roles in diabetes-induced vascular injury.
Biochem J. 2003 Mar 15;370(Pt 3):1097-109.
原著 84) Miura J, Yamagishi S, Uchigata Y, Takeuchi M, Yamamoto H, Makita Z, Iwamoto Y.
Serum levels of non-carboxymethyllysine advanced glycation endproducts are correlated to severity of microvascular complications in patients with Type 1 diabetes.
J Diabetes Complications. 2003 Jan-Feb;17(1):16-21.
原著 85) Kikuchi S, Shinpo K, Tsuji S, Takeuchi M, Yamagishi S, Makita Z, Niino M, Yabe I, Tashiro K.
Effect of proteasome inhibitor on cultured mesencephalic dopaminergic neurons.
Brain Res. 2003 Feb 28;964(2):228-36.
発表年 : 2004年
種別 タイトル・掲載の詳細
原著 86) Kikuchi S, Shinpo K, Takeuchi M, Yamagishi S, Makita Z, Sasaki N, Tashiro K.
Glycation--a sweet tempter for neuronal death.
Brain Res Brain Res Rev. 2003 Mar;41(2-3):306-23. Review.
原著 87) Girones X, Guimera, Cruz-Sanchez CZ, Ortega A, Sasaki N, Makita Z, Lafuente JV, Kalaria R, Cruz-Sanchez FF.
N epsilon-carboxymethyllysine in brain aging, diabetes mellitus, and Alzheimer's disease.
Free Radic Biol Med. 2004 May 15;36(10):1241-7.
原著 88) Miura J, Uchigata Y, Yamamoto Y, Takeuchi M, Sakurai S, Watanabe T, Yonekura H, Yamagishi S, Makita Z, Sato A, Omori Y, Yamamoto H, Iwamoto Y.
AGE down-regulation of monocyte RAGE expression and its association with diabetic complications in type 1 diabetes.
J Diabetes Complications. 2004 Jan-Feb;18(1):53-9.
ABSTRACTS:(only in the U.S.A.)
1. Skolnik EY, Yang Z, Makita Z, Radoff S, Vlassara H: Human and rat mesangial cells contain a receptor for AGE-modified proteins: Potential role in diabetic kidney disease. J American Soc Nephrology 1:555, 1990
2. Vlassara H, Makita Z, Rayfield E, Friedman E, Cerami A, Morgello S: In vivo advanced protein glycation as a signal for monocyte migration in vessel wall: Role in diabetes and aging. Circulation 82:?-92, 1990
3. Makita Z, Radoff S, Rayfield E, Cerami A, Friedman E, Vlassara H: Radioreceptor assay (RRA) for human serum and arterial tissue advanced glycosylation endproducts (AGE). Diabetes 39:29A, 1990
4. Makita Z, Radoff S, Friedman E, Brown KD, Rayfield E, Cerami A, Vlassara H: Increased advanced glycosylation endproducts (AGE) in sera from diabetic dialysis patients by novel radioreceptor assay (RRA). Clin Research 38:308A, 1990
5. Makita Z, Radof S, Rayfield E, Friedman E, Cerami A, Vlassara H: Radioreceptor assay (RRA) for human serum and arterial tissue advanced glycation endproducts (AGE). The third international conference, The national disease research interchange, 1991
6. Yang Z, Makita Z, Brunelle R, Bucala R, Vlassara H: Two novel liver receptors mediate binding and uptake of glucose-modified senesent proteins. FASEB J 5:A1440, 1991
7. Vlassara H, Makita Z, Kirshtein M, Morgello S, Advanced protein glycation as an in vivo monocyte migration signal and vessel wall permeability factor: Role in diabetic vasculopathy. Diabetes 40:160A, 1991
8. Makita Z, Rayfield EJ, Yang Z, Horii Y, Friedman EA, Cerami A, Vlassara H: Reversal of advanced glycosylation endproduct (AGE) levels by kidney transplantation but not by hemodialysis. Diabetes 40:121A, 1991
9. Makita Z, Bucala R, Kaufman A, Korbet S, Barth R, Friedman E, Horii Y, Winston J, Cheigh J, Stenzel K, Rayfield E, Vlassara H: Serum advanced glycosylation endproducts (AGEs) in diabetic nephropathy: Effect of different modes of dialysis and transplantation.Clinical Research, 1992
10. Makita Z, Rayfield E, Fuh H, Cartwright K, Friedman E, Bucala R: Hemoglobin-AGE: A novel marker for advanced glycosylation. Decreased levels in diabetic patients after aminoguanidine administration. Diabetes, 1992
11. Brunelle S, Makita Z, Cerami A: Fructose-derived advanced glycation endproducts (fru-AGE) are not removed by the macrophage AGE-receptor. Diabetes, 1992
講演・発表 / speaking schedule

1981 | 1983 | 1986 | 1987
1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000
2001 | 2002

発表年 : 1981年
◎学会名 / 第15回日本糖尿病学会北海道地方会
・開催日 / 11月7日
・会場 / 市立札幌病院大講堂
学会分類 演題番号・演題 / 発表者
2)糖尿病患者におけるN-acetyl-β-glucosaminidase(NAG)活性についての検討
皆上宏俊、中山秀隆、青木伸、小森克俊、黒田義彦、牧田善二、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一、織田一昭
16)アフィニティクロマトグラフィーによるGlucosylated Albuminの分離と測定
中山秀隆、萬田直紀、小森克俊、青木伸、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、野呂英行、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
19)OAL-123抗体と30K抗体によるGlucagon測定値の比較検討
牧田善二、青木伸、小森克俊、萬田直紀、皆上宏俊、黒田義彦、野呂英行、小野百合、三沢和史、種田紳二、中山秀隆、中川昌一、門田悟
◎学会名 / 北海道地方会
学会分類 演題番号・演題 / 発表者
18)Glucosylated Hb測定における不安定成分の検討
種田紳二、中山秀隆、青木伸、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、三沢和史、中川昌一
20)アルブミンによる125I-Insulin分解抑制
黒田義彦、中山秀隆、青木伸、皆上宏俊、牧田善二、種田紳二、三沢和史、対馬哲、中川昌一
インスリン作用IV、インスリン分解、血糖制御 A217)OAL-123抗体と30K抗体によるGlucagon測定値の比較検討
牧田善二、青木伸、小森克俊、萬田直紀、皆上宏俊、黒田義彦、野呂英行、小野百合、三沢和史、種田紳二、中山秀隆、中川昌一、門田悟
治療I、インスリン製剤 F102)ヒト・インスリン製剤混合時の変化について
三沢和史、中山秀隆、青木伸、小森克俊、黒田義彦、牧田善二、種田紳二、対馬哲、沢村祐一、吉田裕、佐保雅紀、中川昌一
発表年 : 1983年
◎学会名 / 北海道地方会
学会分類 演題番号・演題 / 発表者
インスリン(レセプター)V 62)ラット肝細胞膜及び赤血球のインスリン受容体に及ぼす急性高インスリン血症の影響
小森克俊、中山秀隆、青木伸、佐藤光男、門田悟、萬田直紀、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、中川昌一、佐々木嵩
グルカゴンI 87)ヒト唾液腺抽出物中のグルカゴン様物質の検討
青木伸、中山秀隆、佐藤光男、門田悟、小森克俊、萬田直紀、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、工藤守、中川昌一
代謝異常(糖代謝)I 160)GLUCOSYLATED ALBUMINとHbAIの動態の差異について
萬田直紀、中山秀隆、青木伸、佐藤光男、門田悟、小森克俊、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、中川昌一
13)唾液腺グルカゴン様物質の検討
青木伸、中山秀隆、佐藤光男、門田悟、小森克俊、萬田直紀、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、中川昌一、佐々木嵩、土井保幸、工藤守、河村正昭
合併症(腎)III A121)糖尿病性腎症におけるβ-N-Acetylglucosaminidaseとβ2-microgloblulinの意義について
皆上宏俊、中山秀隆、青木伸、小森克俊、黒田義彦、牧田善二、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
代謝異常(糖代謝)III B131)Affinity chromatographyによるglucosylated albumin測定の基礎的検討と応用
中山秀隆、萬田直紀、小森克彦、黒田義彦、青木伸、皆上宏俊、牧田善二、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
インスリン(代謝)VII C301)glucosylated insulinの生成とその性状
黒田義彦、中山秀隆、小森克俊、青木伸、皆上宏俊、牧田善二、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
グルカゴンI E207)ラット肝細胞膜のインスリンおよびグルカゴン受容体ヘ及ぼす高グルカゴン血症の影響
青木伸、中山秀隆、小森克俊、黒田義彦、皆上宏俊、牧田善二、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
インスリン(生合成・レセプター)IV B123)腎尿細管細胞におけるインスリン及びグルカゴンレセプターについて
皆上宏俊、黒田義彦、中山秀隆、青木伸、門田悟、牧田善二、種田紳二、三沢和史、対馬哲、中川昌一
インスリン(代謝など)IX B179)糖尿病患者におけるGlucosylated Insulin
中山秀隆、黒田義彦、青木伸、門田悟、皆上宏俊、牧田善二、種田紳二、三沢和史、対馬哲、中川昌一
B180)インスリン結合能へ及ぼすインスリン分解酵素阻害剤の影響
黒田義彦、中山秀隆、青木伸、門田悟、皆上宏俊、牧田善二、種田紳二、三沢和史、対馬哲、中川昌一
グルカゴンII E208)グルカゴン測定における採血条件と2種抗体による測定値の解離についての検討
牧田善二、青木伸、中山秀隆、小森克俊、黒田義彦、皆上宏俊、小野百合、種田紳二、三沢和史、中川昌一
インスリン作用II、その他の作用 G-318)Hexokinase?のcompartmentationに対するinsulinの影響
黒田義彦、中山秀隆、青木伸、小森克俊、牧田善二、伊古田明美、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、加藤雅彦、中川昌一
グルカゴンIII C175)Big Plasma Glucagonの性状と起源について
牧田善二、青木伸、中山秀隆、黒田義彦、皆上宏俊、種田紳二、三沢和史、対馬哲、中川昌一
発表年 : 1986年
◎学会名 / 北海道地方会
学会分類 演題番号・演題 / 発表者
糖質代謝II、糖化蛋白 F308)Glucosylated HemoglobinのRadioimmunoassay
牧田善二、中山秀隆、種田紳二、青木伸、小森克俊、黒田義彦、伊古田明美、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、加藤雅彦、中川昌一
F310)固相酵素抗体法によるglucosylated albuminの測定
中山秀隆、牧田善二、種田紳二、青木伸、小森克俊、黒田義彦、伊古田明美、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、加藤雅彦、中川昌一
治療III(インスリン) 1-114)血清中のNPHインスリン・プロタミン分解酵素の検討
柳澤克之、加藤雅彦、吉田裕、対馬哲、牧田善二、黒田義彦、青木伸、中山秀隆、中川昌一
発表年 : 1987年
◎学会名 / 第28回北海道地方会
学会分類 演題番号・演題 / 発表者
糖質代謝III 4-116)免疫学的測定法によるGlycated serum proteinの測定
加藤雅彦、中山秀隆、牧田善二、青木伸、黒田義彦、對馬哲、吉田裕、柳澤克之、中川昌一
4-117)Glycated Erythrocyte Membrane Proteinの免疫学的測定
牧田善二、中山秀隆、加藤雅彦、青木伸、黒田義彦、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、中川昌一
4-118)Advanced glycosylation end-productsに関する研究
中山秀隆、牧田善二、加藤雅彦、青木伸、黒田義彦、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、中川昌一、池田一芳
インスリンV(インスリン作用) 4-210)単離脂肪細胞のリン脂質代謝に対するインスリンの作用について
黒田義彦、中山秀隆、青木伸、牧田善二、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、加藤雅彦、中川昌一、石橋輝雄
インスリンVI(インスリン代謝・その他) 8-304)インスリン分解酵素とその内因性阻害物質の検討
青木伸、中山秀隆、黒田義彦、牧田善二、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、加藤雅彦、中川昌一
6)RIA法によるGlycated Serum Proteinの測定
加藤雅彦、中山秀隆、牧田善二、青木伸、小森克俊、黒田義彦、対馬哲、吉田裕、柳澤克之、中川昌一
7)免疫学的測定法によるGlycated Erythrocyte Membrane Proteinの測定
牧田善二、中山秀隆、加藤雅彦、青木伸、小森克俊、黒田義彦、對馬哲、吉田裕、柳澤克之、中川昌一
3G-01)AGE-LDL値と糖尿病患者の冠状動脈疾患との関係
牧田善二、三橋智子、伊東智浩、渥美敏也、小池隆夫
8)生体内物質におけるAGE特異的蛍光測定の基礎的検討
柳澤克之、牧田善二、桑島悟、蓮沼祐子、藤井渉、小池隆夫、城下弘一、上田峻弘
14)CS-045の投与により血糖コントロールの改善及びインスリンの減量をし得たウェルナー症候群の一例
堀田哲也、曽根真由美、蓮沼祐子、渥美敏也、桑島悟、柳澤克之、吉岡成人、牧田善二、小池隆夫
治療(可逆性など)III) A-185)ヒト血清アルブミンによるインスリン皮下吸収の促進
三沢和史、黒田義彦、中山秀隆、青木伸、皆上宏俊、牧田善二、種田紳二、対馬哲、中川昌一
発表年 : 1994年
◎プログラム名称 / 糖尿病学の進歩
演題他 特別発言:『終末糖化物質(AGE)の面から』
◎プログラム名称 / 第27回日本糖尿病学会北海道地方会
演題他 血中AGEによる酸化LDLおよび糖化LDLの生成
渥美敏也、牧田善二、三橋智子、伊東智浩、小池隆夫
AGE-LDL値と糖尿病合併症との関係
牧田善二、三橋智子、伊東智浩、渥美敏也、小池隆夫
発表年 : 1995年
◎プログラム名称 / 新潟糖尿病性腎症研究会
・主催 / 第35回日本臨床化学会
演題他 特別講演『AGE研究の進歩』
◎プログラム名称 / 新潟糖尿病性腎症研究会
・主催 / 第35回会長・野間昭夫
・会場 / 岐阜・長良川国際会議場、ルネッサンスホテル
演題他 10/6 シンポジウムII動脈硬化の臨床化学 ─ 最近の進歩『糖化蛋白の動脈硬化症における臨床的意義』
牧田善二、小池隆夫
◎プログラム名称 / 第29回日本糖尿病学会北海道地方会
・主催 / 第29回会長・中山秀隆
・開催日 / 11月18日
・会場 / タケダ札幌ビル
演題他 MELASに合併した糖尿病の一例
黒田義彦、花井尚志、藤井渉、蓮沼祐子、土田健一、桑島悟、柳澤克之、牧田善二、小池隆夫
Mini Med社製CSIIポンプMiniMed 506の使用経験
柳澤克之、藤井渉、蓮沼祐子、桑島悟、牧田善二、小池隆夫
糖尿病教育入院時における運動療法の効果
杉本重治、山本聡、藤井渉、蓮沼祐子、桑島悟、柳澤克之、牧田善二、小池隆夫
発表年 : 1996年
◎プログラム名称 / 第17回北海道リポ蛋白研究会
・開催日 / 10月19日
・会場 / 札幌市・共済サロン
演題他 教育講演『糖化蛋白の動脈硬化症における臨床的意義について』
発表年 : 1997年
◎プログラム名称 / 第40回日本糖尿病学会年次学術集会
・主催 / 第40回会長・大森安恵
・開催日 / 5月22~24日
・会場 / 東京国際フォーラム
演題他 第2日・座長(グリケーションP1)
OLETFラットにおけるAGEs阻害剤(OPB-9195)の糖尿病性腎症進展抑制効果の検討(第2日口演)
中村桜子、牧田善二、藤井渉、柳沢克之、石川伸太郎、安村貢一、小池隆夫
OLETFラットにおけるAdvanced Glycation Endproductsの臓器別局在および血清AGEの意義(第2日ポスター)
船江修、山内晃、牧田善二、大橋徳巳、仲本信也、渡辺賢二、武井泉、猿田享男
OLETFラットのAGE蓄積に対するOPB-9195の抑制効果についての検討(第2日ポスター)
藤井渉、中村桜子、石川伸太郎、安村貢一、柳沢克之、牧田善二、門田悟、小池隆夫
赤血球膜蛋白質とHbにおけるEarly Glycation ProductとAdvanced Glycation Endproductの関係
牧田善二、桑島悟、柳沢克之、渥美敏也、土田健一、三好秀明、小原慎司、吉岡成人、小池隆夫(第2日ポスター)
AGE特異的蛍光測定による糖尿病患者尿中Advanced Glycation Endproduct peptideの検討(第3日ポスター)
柳沢克之、三好秀明、渥美敏也、土田健一、小原慎司、牧田善二、小池隆夫
赤血球Na/Li逆転送活性と糖尿病性腎症、網膜症、高血圧症の関係および各種治療薬の影響(第3日ポスター)
土田健一、伊藤禎二、柳沢克之、渥美敏也、三好秀明、小原慎司、藤井渉、牧田善二、小池隆夫
発表年 : 1998年
◎プログラム名称 / 第41回日本糖尿病学会年次学術集会
・主催 / 第41回会長・南條輝志男
・開催日 / 5月20~22日
・会場 / 和歌山ビッグホエール他
演題他 シンポジウム3『AGE toxicity ─ 糖尿病慢性合併症への関与 ─』
牧田善二、小池隆夫
酸化LDL及びAGEs刺激によるマウスマクロファージのMIFmRNA発現について(第2日口演)
渥美敏也、近藤琢磨、土田健一、三好秀明、小原慎司、増田創、石田美紀子、牧田善二、小池隆夫
AGE阻害剤(OPB-9195)の糖尿病性腎症発症進展抑制機序につての検討(第2日口演)
土田健一、中村桜子、藤井渉、小原慎司、三好秀明、渥美敏也、柳沢克之、牧田善二、小池隆夫
OLETF ratにおけるAGEs阻害剤(OPB-9195)の尿蛋白排泄抑制機序に関する検討(第2日ポスター)
中村桜子、河田哲也、土田健一、石川伸太郎、安村貢一、牧田善二、小池隆夫
CML and non-CML Advanced Glycation Endproducts特異抗体の調製ならびに臨床応用に関する基礎的検討
竹内正義、鈴木貴子、亀田幸彦、柳沢克之、牧田善二、小池隆夫(第3日口演)
CMLおよびnon-CML Advanced Glycation Endproducts特異抗体の作成ならびに糖尿病性腎症組織への局在の検討
柳沢克之、上野洋男、竹内正義、入山禄郎、牧田善二、小池隆夫(第3日口演)
CMLおよびnon-CML Advanced Glycation Endproductsを特異的に認識するmonoclonal抗体の作製
牧田善二、三浦裕幸、伊藤禎司、渥美敏也、土田健一、三好秀明、小原慎司、石田三紀子、増田創吉、近藤琢磨、小池隆夫(第3日ポスター)
Advanced Glycation Endproduct(AGE)特異的蛍光測定法による糖尿病患者尿中AGE-peptideの検討
三好秀明、柳沢克之、渥美敏也、土田健一、小原慎司、牧田善二、小池隆夫(第3日ポスター)
◎プログラム名称 / 34th EASD annual meeting
・開催日 / 9月8~12日
・会場 / スペイン・バルセロナ
演題他 Possible significance of non-carboxymethyllysine advanced glycation end-products in serum of type 2 diabetic patients.
Makita Z, Takeuchi M, Kameda Y, Koike T(OP17 GLYCATION)
Preparation of monoclonal antibodies specific for CML and non-CML AGE.
Miura H, Makita Z, Itoh T, WakasaM, Koike T(PS60 GLYCATION)
◎プログラム名称 / 第13回日本糖尿病合併症学会
・主催 / 第13回会長・堀田 饒
・開催日 / 12月3~4日
・会場 / 名古屋国際会議場
演題他 第2日・座長(ワークショップVIII・グリケーション)CMLおよびnon-CML Advanced Glycation EndproductsのELISA測定法の開発とその臨床的意義
牧田善二、竹内正義、渥美敏也、土田健一、三好秀明、小原慎司、石田三紀子、曾根真由美、近藤琢磨、増田創、小池隆夫(ワークショップVIII・グリケーション)
発表年 : 1999年
◎プログラム名称 / 第42回日本糖尿病学会年次学術集会
・主催 / 第42回会長・松岡健平
・開催日 / 5月13~15日
・会場 / パシフィコ横浜
演題他 第3日教育講演10『AGE阻害剤アミノグアニジン大規模臨床治験の成績 ─ 合併症治療薬への期待と現実 ─』
第2日公募ワークショップ2:インスリン療法における低血糖症とその対策
特別発言2:『強化インスリン療法における低血糖に対しインスリン持続皮下注入療法を応用した対策』
牧田善二、渥美敏也、土田健一、三好秀明、小原慎司、石田三紀子、曽根真由美、岡本珠美、小池隆夫
ミトコンドリア遺伝子3394C→T点変異、3423G→T点変異を有する一卵性双生児の糖尿病症例(第1日)
柳沢克之、入山禄郎、伊東智浩、吉岡成人、藤居賢、桜井光一、藤本幸男、牧田善二、小池隆夫
糖尿病網膜症における、房水、血液中VEGF、AGE、CML濃度の検討(第2日)
石田三紀子、曽根真由美、岡本珠美、小原慎司、三好秀明、土田健一、牧田善二、小池隆夫
糖尿病性腎症発症進展におけるTGF-β、VEGFの関与、およびAGE阻害剤(OPB-9195)の抑制効果についての検討
土田健一、牧田善二、遠藤三紀子、曽根真由美、小原慎司、三好秀明、渥美敏也、小池隆夫
糖尿病性腎不全透析患者における血中AGE分子種の解析
竹内正義、鈴木貴子、亀田幸彦、牧田善二、小池隆夫
OLETFラット腎症におけるCMLの蓄積とAGEs生成阻害剤(OPB-9195)による沈着抑制効果の検討
中村桜子、河田哲也、石川伸太郎、立川哲也、飛田和貴、牧田善二、小池隆夫
血管新生とマクロファージ遊走阻止因子(Macrophage migration in hibitory factor)との関連についての検討
岡本珠美、渥美敏也、土田健一、三好秀明、小原慎司、遠藤三紀子、曽根真由美、牧田善二、小池隆夫、西平順
◎プログラム名称 / 第42回日本腎臓学会学術総会
・主催 / 第42回総会長・堺 秀人
・開催日 / 6月26~28日
・会場 / パシフィコ横浜
演題他 Nε-carboxymethyl-L-lysine(CML)のOLETFラット腎症における蓄積とAGEs生成阻害剤(OPB-9195)による蓄積阻止効果(第3日糖尿病2)
中村桜子、河田哲也、石川伸太郎、立川哲也、飛田和貴、牧田善二、小池隆夫
発表年 : 2000年
◎プログラム名称 / 長寿科学総合研究成果発表会
・主催 / 長寿科学振興財団
・開催日 / 1月13日
・会場 / 東京都千代田区 JAビル
演題他 糖尿病性合併症の治療法開発に関する研究
◎プログラム名称 / 第12回小児インスリン治療研究会
・主催 / 小児インスリン治療研究会、ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 1月15日
・会場 / 八重洲ホール(東京都中央区)
演題他 特別講演『AGE阻害による合併症治療の可能性』
◎プログラム名称 / 第18回佐賀・糖尿病と内分泌を考える会(第18会佐糖協セミナー)
・主催 / 特定非営利活動法人佐賀県糖尿病協会、佐賀・糖尿病と内分泌を考える会、日本イーライリリー(株)
・開催日 / 2月5日
・会場 / 武雄市文化会館(佐賀県武雄市)
演題他 特別講演『糖尿病に関する最近の進歩』
◎プログラム名称 / 第2回糖尿病セミナーUP-TO-DATE
・主催 / 糖尿病セミナーUP-TO-DATE、武田薬品工業(株)
・開催日 / 3月1日
・会場 / 岡山大学医学部(岡山市)
演題他 特別講演『AGE研究の展望』
◎プログラム名称 / 第6回日本糖尿病眼学会総会
・主催 / 日本糖尿病眼学会
・開催日 / 3月3~5日
・会場 / ロイトン札幌(北海道札幌市)
演題他 座長(全身と網膜症)3/4 展示討論 16:11~16:46
◎プログラム名称 / 第34回糖尿病学の進歩(日本糖尿病学会)
・主催 / 世話人:鬼原 彰(札幌医科大学保健医療学部)
・開催日 / 3月3~4日
・会場 / 北海道厚生年金会館(札幌市教育文化会館)
演題他 『CSII治療の現況と将来』
( シンポジウム A-6インスリン補充療法の現状と新製剤の開発)
◎プログラム名称 / 北九州糖尿病フォーラム
・主催 / 北九州糖尿病フォーラム、日本糖尿病学会九州支部、北九州医師会/大塚製薬(株)
・開催日 / 3月23日
・会場 / ホテルニュータガワ(北九州市小倉北区)
演題他 特別講演『糖尿病合併症治療は可能か』
◎プログラム名称 / 筑後泌尿器科医会第8回総会兼第23回研修会
・主催 / 筑後泌尿器科医会、帝国臓器製薬(株)
・開催日 / 3月25日
・会場 / ホテルニュープラザ(久留米市六ツ門)
演題他 特別講演18:00~『糖尿病腎症治療薬開発の現況』
◎プログラム名称 / 第1回インスリン治療とその評価に関する研究会
・主催 / ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 4月8日
・会場 / 京都東急ホテル(京都市下京区)
演題他 インスリンデバイスについてディベート&ディスカッション
◎プログラム名称 / 第4回シンポジウム糖尿病
・主催 / シンポジウム糖尿病、山之内製薬(株)
・開催日 / 4月15日
・会場 / 経団連会館(東京都千代田区)
演題他 プログラム委員 糖尿病網膜症における、房水中VEGF,AGE,CML濃度の検討
遠藤三紀子
◎プログラム名称 / 島原・南高地区コニール発売十周年記念講演会
・主催 / 島原市医師会、南高来郡医師会、協和発酵工業(株)
・開催日 / 4月21日
・会場 / 島原観光ホテル(長崎県島原市)
演題他 特別講演『糖尿病の新しい治療』
◎プログラム名称 / 日本医師会生涯教育講座 第264回学術講演会
・主催 / 苫小牧市医師会、武田薬品工業(株)、ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 4月28日
・会場 / グランドホテルニュー王子(北海道苫小牧市)
演題他 特別講演『糖尿病の新しい治療』
◎プログラム名称 / 日本糖尿病療養指導士受験セミナー
・主催 / 日本病態栄養学会
・開催日 / 5月4日
・会場 / メルパルクFUKUOKA(福岡市中央区)
演題他 療養指導各論 ─ 急性合併症・細小血管障害 ─
◎プログラム名称 / 第43回日本腎臓学会学術総会
・主催 / 日本腎臓学会
・開催日 / 5月11~13日
・会場 / 名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)
演題他 塩酸ジラゼプの糖尿病腎症進展阻止効果(ポスター)
座長(慢性腎不全4)
12日09:00~一般演題(口演)
◎プログラム名称 / 第43回日本糖尿病学会年次学術集会
・主催 / 日本糖尿病学会
・開催日 / 5月25・27日
・会場 / ウェスティンナゴヤキャッスル、名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)
演題他 講演(25日16:00~パネルディスカッション1/21世紀に向けて目指す糖尿病治療ー現状と展望ー)演題4『糖尿病合併症の治療薬 ─ 開発状況と用い方』
◎プログラム名称 / インスリン持続皮下注入療法シンポジウム
・主催 / (株)ゲッツブラザーズ
・開催日 / 5月28日
・会場 / 名古屋観光ホテル(愛知県名古屋市)
演題他 講演(10:20~11:00)『インスリンポンプ療法の現状と保険償還』
◎プログラム名称 / Eli Lilly Portfolio Review & Japanese Development Meeting
・主催 / Eli Lilly
・開催日 / 6月8日
・会場 / Indianapolis(Indiana州/USA)
演題他 参加のみ
◎プログラム名称 / The ADA 60th Annual Meeting
・主催 / ADA
・開催日 / 6月9~13日
・会場 / San Antonio(USA)
演題他
◎プログラム名称 / International Strategic Meeting on DM Management for 21st Century Part II
・主催 / 大日本印刷(株)
・開催日 / 6月12日
・会場 / Hyatt Regency San Antonio(USA)
演題他 セッション
◎プログラム名称 / 第45回(社)日本透析医学会学術集会・総会
・主催 / 第45回(社)日本透析医学会学術集会・総会、大正製薬(株)
・開催日 / 6月16日
・会場 / アクロス福岡(福岡市中央区)
演題他 講演(ランチョンセミナー412:00~13:00)『糖尿病腎症進展予防 ─ 透析移行阻止への内科からのアプローチ ─』
◎プログラム名称 / 第8回指宿糖尿病懇話会
・主催 / 指宿市郡医師会、宿郡西部医師会、指宿糖尿病懇話会、指宿市郡薬剤師会 ノボノルディスクファーマ(株)、武田薬品工業(株)
・開催日 / 6月21日
・会場 / ふれあいプラザなのはな館(鹿児島県指宿市)
演題他 特別講演『糖尿病治療の展望』
◎プログラム名称 / 学術講演会(イーライリリーディバイスミーティング)
・主催 / 日本イーライリリー(株)
・開催日 / 6月29日
・会場 / 長崎厚生年金会館(長崎市)
演題他 特別講演『糖尿病治療の挑戦』
◎プログラム名称 / 第40回東三河内分泌疾患談話会
・主催 / 東三河内分泌疾患談話会、山之内製薬(株)
・開催日 / 7月1日
・会場 / ホテルアソシア豊橋(愛知県豊橋市)
演題他 講演『糖尿病の新しい治療戦略』
◎プログラム名称 / 第14回県北糖尿病懇話会
・主催 / 県北糖尿病懇話会、武田薬品工業(株)
・開催日 / 7月6日
・会場 / 白邸(長崎県佐世保市)
演題他 講演『糖尿病の新しい治療』
◎プログラム名称 / 第5回Vascular Medicine学会
・主催 / 第5回Vascular Medicine学会
・開催日 / 7月7・8日
・会場 / 全社協・灘尾ホール(東京都千代田区)
演題他 指定演題I-7(7日11:10~11:30)『神経疾患へのAGEの関与』
◎プログラム名称 / 久留米臨床外科医会学術講演会
・主催 / 久留米臨床外科医会、協和発酵
・開催日 / 7月12日
・会場 / 萃香園(久留米市)
演題他 特別講演『糖尿病診療のコツ』
◎プログラム名称 / 第2回茨城県糖尿病合併症治療研究会
・主催 / 茨城県糖尿病合併症治療研究会、小野薬品工業(株)
・開催日 / 7月19日
・会場 / 水戸プラザホテル(茨城県水戸市)
演題他 特別講演『糖尿病合併症治療の将来』
◎プログラム名称 / 第19回糖尿病と血管障害に関する研究会
・主催 / 糖尿病と血管障害に関する研究会
・開催日 / 7月29日
・会場 / 大津プリンスホテル(滋賀県大津市)
演題他 AGE構造体の解析
小路眞護
◎プログラム名称 / 第250回日本内科学会九州地方会
・主催 / 日本内科学会九州地方会
・開催日 / 8月19日
・会場 / 鹿児島大学医学部(鹿児島市)
演題他 バセドウ病に転換性障害を合併した一例
山本浩之
◎プログラム名称 / 学術講演(研究所訪問)
・主催 / 大塚製薬(株)
・開催日 / 9月8日
・会場 / 大塚製薬(株)徳島研究所(徳島市)
演題他 『糖尿病性腎症とAGE』
◎プログラム名称 / 11th Biennial Scientific Meeting ISGIID 2000
・開催日 / 9月13~16日
・会場 / エビアン・フランス
演題他
◎プログラム名称 / 36th Annual Meeting of The EASD
・開催日 / 9月17~21日
・会場 / エルサレム・イスラエル
演題他 古賀康八郎(ポスター)
◎プログラム名称 / 第11回血管内皮細胞からみた糖尿病合併症研究会
・主催 / 山之内製薬(株)
・開催日 / 9月29日
・会場 / ホテルグランヴィア岡山(岡山市)
演題他 特別講演『糖尿病合併症治療の展望』
◎プログラム名称 / 第38回日本糖尿病学会九州地方会
・主催 / 第38回会長・仲村吉弘
・開催日 / 10月20~21日
・会場 / エルガーラホール(福岡市中央区)
演題他 インスリン抗体による低血糖を未調理コーンスターチ摂取により予防した一例
稲田千鶴子
20歳以下で発症した2型糖尿病の25症例の臨床的検討
小田辺修一
新たなPro112Leu(CCG→CTG)変異を有するMODY3遺伝子異常の一家系
畠中智子
右腸腰筋膿瘍を合併した2型糖尿病の1例
高宮良美
◎プログラム名称 / 第10回メイラード反応研究会
・主催 / メイラード反応研究会
・開催日 / 10月5日
・会場 / 長良川ホテル(岐阜市)
演題他 座長(一般講演9~12)Advanced Glycation End-products(AGEs)の中枢神経疾患への関与
竹内正義
◎プログラム名称 / 第5回インスリンポンプ治療研究会
・主催 / インスリンポンプ治療研究会、当番世話人・津田晶子
・開催日 / 10月7日
・会場 / 新潟ユニゾンプラザ(新潟市)
演題他 世話人
日本製のプログラム可能なインスリンポンプ(TOP-800)の使用経験
今村洋一
特別講演座長
◎プログラム名称 / 筑紫医師会学術講演会
・主催 / 筑紫医師会、アベンティスファーマ(株)
・開催日 / 10月19日
・会場 / 筑紫医師会館(太宰府市)
演題他 講演『糖尿病治療のコツ』
◎プログラム名称 / 第15回日本糖尿病合併症学会
・主催 / 日本糖尿病合併症学会
・開催日 / 10月21日
・会場 / 日本都市センター会館(東京都千代田区)
演題他 第15回日本糖尿病合併症学会
◎プログラム名称 / 第7回九州糖尿病・妊娠研究会
・主催 / 九州糖尿病・妊娠研究会、ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 10月27日
・会場 / 二日市温泉大観荘(筑紫野市)
演題他 講演『インスリン持続皮下注入療法を用いた妊娠糖尿病治療』
◎プログラム名称 / 日本糖尿病療養指導士講習会
・主催 / 日本糖尿病療養指導士認定機構
・開催日 / 11月4日
・会場 / 北九州国際会議場(北九州市)
演題他 講師 療養指導各論「経口血糖降下薬」
◎プログラム名称 / 第10回糖尿病治療研究会
・主催 / バイエル薬品(株)
・開催日 / 11月10日
・会場 / プラザ洞津(三重県津新町)
演題他 特別講演『糖尿病治療のストラテジー』
◎プログラム名称 / 糖尿病アーベント第70回記念学術講演会
・主催 / 大分糖尿病アーベント、大日本製薬(株)
・開催日 / 11月13日
・会場 / 大分東洋ホテル(大分市)
演題他 特別講演『糖尿病治療の挑戦』
◎プログラム名称 / 第23回弘前糖尿病研究会
・主催 / 弘前糖尿病研究会、エーザイ(株)
・開催日 / 11月16日
・会場 / ホテルニューキャッスル、青森県弘前市
演題他 特別講演『糖尿病治療の挑戦』
◎プログラム名称 / 第26回島根県糖尿病談話会
・主催 / 島根県糖尿病談話会、住友製薬(株)
・開催日 / 11月22日
・会場 / ホテル宍道湖、島根県松江市
演題他 講演『糖尿病治療の挑戦』
◎プログラム名称 / タナトリル学術講演会
・主催 / 田辺製薬(株)
・開催日 / 11月24日
・会場 / ホテルセンチュリー静岡(静岡市)
演題他 特別講演『糖尿病治療の最前線』
◎プログラム名称 / 第51回兵庫県糖尿病懇話会
・主催 / 山之内製薬(株)
・開催日 / 11月25日
・会場 / ポートピアホテル(神戸市)
演題他 特別講演『糖尿病合併症の成因と治療への展望』
◎プログラム名称 / 学術講演会
・主催 / 熊本県医師会、熊本市医師会、日本ベーリンガーインゲルハイム(株)
・開催日 / 11月28日
・会場 / ホテルニューオータニ熊本(熊本市)
演題他 特別講演『糖尿病合併症の成因』
◎プログラム名称 / 第6回広島臨床糖尿病談話会
・主催 / 広島臨床糖尿病談話会、アベンティスファーマ(株)
・開催日 / 11月30日
・会場 / リーガロイヤルホテル広島(広島市)
演題他 特別講演『インスリン療法の挑戦』
◎プログラム名称 / 第12回日本糖尿病性腎症研究会
・主催 / 日本糖尿病性腎症研究会、当番世話人・梅津嘉蔵
・開催日 / 12月2~3日
・会場 / エーザイ(株)(東京都文京区)
演題他 幹事
座長(一般演題-2 病態生理)
2日13:45~14:45 OLETFラットを用いた塩酸ジラゼプの効果に関する検討
古賀康八郎
◎プログラム名称 / 第21回九州MMC研究会
・主催 / 九州MMC研究会、大正製薬(株)
・開催日 / 12月9日
・会場 / ホテルニューオータニ博多、福岡市中央区
演題他 世話人
◎プログラム名称 / 学術講演会
・主催 / 八女筑後医師会、日本ベーリンガーインゲルハイム(株)
・開催日 / 12月14日
・会場 / 八女筑後医師会館(八女市)
演題他 特別講演『糖尿病管理のあり方』
◎プログラム名称 / アクトス適性使用研究会
・主催 / 武田薬品工業(株)
・開催日 / 12月15日
・会場 / 萃香園ホテル(久留米市)
演題他 特別講演座長
発表年 : 2001年
◎プログラム名称 / Diabetic Research : An Update
・主催 / 東邦大学第二内科、三共(株)
・開催日 / 1月19日
・会場 / 品川プリンスホテル(東京都港区)
演題他 Diabetic Research : An Update
◎プログラム名称 / 第1回久留米糖尿病合併症研究会
・主催 / 久留米大学医学部内分泌代謝内科、科研製薬(株)
・開催日 / 1月29日
・会場 / 筑水会館(久留米大学内)
演題他 座長
◎プログラム名称 / 第7回IRS研究会
・主催 / 武田薬品工業(株)
・開催日 / 2月1日
・会場 / 釧路全日空ホテル(北海道釧路市)
演題他 特別講演『糖尿病診療の挑戦』
◎プログラム名称 / 第36回インスリン研究会
・主催 / ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 2月3日
・会場 / 京都全日空ホテル
演題他 参加のみ
◎プログラム名称 / 第252回日本内科学会九州地方会
・開催日 / 2月3日
演題他 分娩後の無月経, LH分泌不全を伴ったクッシング病の1例
畠中智子
◎プログラム名称 / 第19回教育研修管理者継続研修会
・主催 / 福岡県医薬品卸業協会、日本医薬品卸勤務薬剤師会福岡県支部
・開催日 / 2月6日
・会場 / 福岡県薬剤師会館(福岡市)
演題他 講師「糖尿病の病態と治療」
◎プログラム名称 / 第1回AGEプロジェクトフォーラム
・主催 / 大塚製薬(株)
・開催日 / 2月9日
・会場 / 大塚製薬研究所(徳島市)
演題他 座長
◎プログラム名称 / 第2回新しいThiazolidine系薬剤に関する研究会
・主催 / 武田薬品工業(株)
・開催日 / 2月10日
・会場 / 博多都ホテル(福岡市)
演題他 座長
◎プログラム名称 / 学術講演会
・主催 / 飯塚医師会、武田薬品工業(株)
・開催日 / 2月15日
・会場 / のがみプレジデントホテル(飯塚市)
演題他 特別講演『糖尿病診療の挑戦』
◎プログラム名称 / 糖尿病性腎症シンポジウム
・主催 / 糖尿病性腎症シンポジウム、武田薬品工業(株)
・開催日 / 2月17日
・会場 / 岡山プラザホテル(岡山市)
演題他 講演『AGE阻止による糖尿病性腎症の治療戦略』
◎プログラム名称 / 第2回久留米内分泌代謝学セミナー
・主催 / アベンティスファーマ(株)
・開催日 / 2月19日
・会場 / 久留米大学 筑水会館
演題他 座長
◎プログラム名称 / 第35回糖尿病学の進歩
・主催 / 糖尿病学の進歩 第35回世話人・伊藤千賀子
・開催日 / 2月23~24日
・会場 / 広島国際会議場、広島厚生年金会館
演題他 『糖尿病の管理のあり方ー治療に関する基本的なあり方』(23日15:20~15:50/レクチャー 7-1)
◎プログラム名称 / 第1回久留米臨床糖尿病セミナー
・主催 / 久留米大学医学部内分泌代謝内科、(株)三和化学研究所
・開催日 / 2月26日
・会場 / 久留米大学病院 カンファランスルーム
演題他 座長
◎プログラム名称 / Take Control-Peaks and Valleys 2001 Global Congress
・主催 / Eli Lilly
・開催日 / 3月1~2日
・会場 / Eli Lilly 本社(Tirol, Austria)
演題他 Take Control-Peaks and Valleys 2001 Global Congress
◎プログラム名称 / 第2回糖尿病血管研究会
・主催 / 鹿児島大学臨床検査医学講座、ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 4月6日
・会場 / 鶴陵会館(鹿大医学部内)(鹿児島市)
演題他 特別講演『糖化タンパクの多様性と病原性』
◎プログラム名称 / 第44回日本糖尿病学会年次学術集会
・主催 / 日本糖尿病学会 第44回会長・清野 裕
・開催日 / 4月16~18日
・会場 / 国立京都国際会館(京都市)
演題他 座長(インスリンポンプ治療と持続的グルコースモニタリング)
16日ランチョンセミナー 5
座長(21世紀における糖尿病性腎症治療のストラテジー)
17日シンポジウム 12
オートクリンVEGFを介するインスリンの血管新生活性について
○山岸昌一
NODマウスの膵島炎に対するcaspase阻害剤の抑制効果の検討
○山田研太郎
CART遺伝子プロモータ多型と肥満および2型糖尿病との関連
○原暁紅
糖尿病合併症治療薬として有望なアミノグアニジンーピリドキサール付加物の抗酸化作用
○田口忠緒(名城大学薬学部病態生化学)
CSIIにおける超速効型インスリンLisproの有用性について
○曽根真由美(北海道大学大学院医学研究科分子病態制御学)
各種薬剤による早期糖尿病腎症の進展抑制に関する比較検討
○増田創(北海道大学医学部第二内科)(ポスター)
糖化蛋白受容体(receptor for AGE, RAGE)の分子多様性とAGE結合能
○米倉秀人(金沢大学医学部生化学第二)
生体内AGE生成ルートの総括と神経細胞毒性
○竹内正義(北陸大学薬学部生化学)
若年発症の2型糖尿病におけるEIF2AK3遺伝子の関与について
○小田辺修一
◎プログラム名称 / 第253回日本内科学会九州地方会
・主催 / 日本内科学会九州地方会 第253回会長・松倉 茂
・開催日 / 5月26日
・会場 / 宮崎医科大学(宮崎郡清武町)
演題他 末端肥大症術後の難治性頭痛に酢酸オクトレオチド持続皮下注入が有効であった一例
長谷川陽子
◎プログラム名称 / 61st ADA Scientific Sessions
・主催 / ADA
・開催日 / 6月22~26日
・会場 / Pennsylvania Convention Center Philadelphia,(Pennsylvania, USA)
演題他 Neuronal Cell Death Induced by Advanced Glycation End Products
○Sho-ichi Yamagishi(Poster)
Insulin Activates a Novel, Inducible Isoform of 6-Phosphofructo-2-Kinase (iPFK-2): A potential Mechanism for the Development of Insulin Resistance
○Toshiya Atsumi(Poster)
Usefulness of Rapid-Acting Insulin Lispro in CSII
○Katsuyuki Yanagisawa (Published Only)
◎プログラム名称 / 第74回日本内分泌学会学術総会
・主催 / 日本内分泌学会、第74回会長・猿田享男
・開催日 / 6月29日~7月1日
・会場 / パシフィコ横浜(横浜市)
演題他 IL-13遺伝子プロモーター領域の多型とバセドウ病眼症
○広松雄治
甲状腺腫瘍における甲状腺ホルモンレセプターの発現
○三宅育代(ポスター)
分娩後の無月経とLH分泌不全を伴ったクッシング病の1例
○畠中智子(ポスター)
◎プログラム名称 / 第254回日本内科学会九州地方会
・主催 / 日本内科学会九州地方会、第254回会長・佐田通夫
・開催日 / 8月4日
・会場 / 久留米大学内 臨床検査専門学校
演題他 著明なインスリン抵抗性を示した高度肥満の1例
○畠中智子
肺結核感染を機に視床下部性下垂体機能低下症による副腎不全が顕著化した一例
○稲田千鶴子
◎プログラム名称 / 第1回福岡強化インスリン療法研究会
・主催 / 日本イーライリリー(株)
・開催日 / 8月29日
・会場 / ホテルセントラーザ(福岡市)
演題他 座長
◎プログラム名称 / 北九州アクトス錠講演会
・主催 / 武田薬品工業(株)
・開催日 / 9月6日
・会場 / 小倉ステーションホテル(北九州市)
演題他 特別講演『糖尿病の新しい治療』
◎プログラム名称 / 宗像内科医会学術講演会
・主催 / 宗像内科医会、宗像医師会、田辺製薬(株)
・開催日 / 9月11日
・会場 / 宗像医師会館(宗像市)
演題他 特別講演『糖尿病医療の将来展望』
◎プログラム名称 / 第8回新潟糖尿病性腎症研究会
・主催 / 新潟糖尿病性腎症研究会、万有製薬(株)
・開催日 / 9月20日
・会場 / 有壬記念館(新潟大学内)(新潟市)
演題他 特別講演『AGE研究の新しい展開』
◎プログラム名称 / 第1回九州内分泌代謝フォーラム
・主催 / 九州内分泌代謝フォーラム、第一製薬(株)
・開催日 / 9月22日
・会場 / アクロス福岡(福岡市)
演題他 世話人
やせ薬による甲状腺機能亢進症の一例
○今村洋一
◎プログラム名称 / 平成13年度日本糖尿病療養指導士認定 機構主催講習会
・主催 / 日本糖尿病療養指導士認定機構
・開催日 / 10月7日
・会場 / 琉球大学医学部(沖縄県中頭郡)
演題他 講師
療養指導概論 薬物療法
◎プログラム名称 / 第16回日本糖尿病合併症学会
・主催 / 日本糖尿病合併症学会、第16回会長・松澤佑次
・開催日 / 10月19日~20
・会場 / 大阪国際交流センター(大阪市)
演題他 座長 糖尿病性腎症(19日ワークショップ 1-3-2)後期糖化反応生成物(AGE)による糖尿病血管合併症発症、進展の分子機構 ─ 血管壁細胞障害の観点から
山岸昌一(20日ワークショップ 2-4-2)
◎プログラム名称 / 第74回日本生化学会大会
・主催 / 第74回会頭・谷口直之
・開催日 / 10月25~28日
・会場 / 京都
演題他 新規RAGE結合・血管障害性AGE画分の同定
○山本靖彦(金沢大血管分子生物学)
後期糖化反応生成物(advanced glycation endproducts, AGE)のヒト血管周皮細胞への作用について
○安井 潔(金沢大血管分子生物学)
◎プログラム名称 / 第39回日本糖尿病学会九州地方会
・主催 / 第39回会長・坂田利家(事務局/桶田俊光)
・開催日 / 10月27日
・会場 / 大分全日空ホテル(大分市)
演題他 教育講演(11:15-12:00)『21世紀のインスリン療法』
◎プログラム名称 / 第7回国際メイラード反応シンポジウム
・主催 / 会長・谷口直之/事務局長・堀内正公
・開催日 / 10月29日
・会場 / 熊本ニュースカイホテル(熊本市)
演題他 オーラルセッション5座長(31日09:10~)
Medical Science: New Horizon of Glycation Research 1
RAGE engagement and vascular cell derangement by short chain sugar-derived AGE
○Hideto Yonekura
◎プログラム名称 / サテライトシンポジウム
・主催 / 世話人・吉川隆一、川上正舒
・開催日 / 11月2日
・会場 / 琵琶湖ホテル(滋賀県大津市)
演題他 座長(13:30-14:20)
4. Biological action of glycation products II
◎プログラム名称 / 第7回九州糖尿病フォーラム
・主催 / 社団法人日本糖尿病学会九州支部、九州糖尿病フォーラム ノボノルディスクファーマ(株)
・開催日 / 11月3日
・会場 / ニューオータニ佐賀(佐賀市)
演題他 世話人出席
◎プログラム名称 / 学術講演会
・主催 / 大牟田医師会、大牟田内科小児科医会、小野薬品工業(株)
・開催日 / 11月6日
・会場 / オームタガーデンホテル(大牟田市)
演題他 特別講演『糖尿病合併症治療の考え方』
◎プログラム名称 / 第44回日本甲状腺学会
・主催 / 日本甲状腺学会、第44回会長・高須信行
・開催日 / 11月8~10日
・会場 / 沖縄ハーバービューホテル(沖縄県那覇市)
演題他 バセドウ病患者における血中IgE値とCTLA-4遺伝子多型
○広松雄治(シンポジウム)
バセドウ病とIFN-γ遺伝子多型
○福谷知香(シンポジウム)
バセドウ病眼症患者の後眼窩脂肪組織におけるTSH受容体mRNAの発現 ─ 定量PCR法による評価 ─
○寺崎聖代(シンポジウム)
やせ薬による甲状腺機能亢進症の7例
○賀来寛雄
◎プログラム名称 / 第255回日本内科学会九州地方会
・主催 / 日本内科学会九州地方会、第255回会長・斎藤 厚
・開催日 / 11月11日
・会場 / 沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)
演題他 低K性脱力発作をきたしたシェーグレン症候群に伴う尿細管性アシドーシスの1例
吉田利香
◎プログラム名称 / 第1回先進インスリン療法研究会
・主催 / 先進インスリン療法研究会
・開催日 / 11月17日
・会場 / 神戸商工会議所会館 神商ホール(兵庫県神戸市)
演題他 世話人
座長(パネルディスカション 2/新しいインスリン治療関連デバイス)
24時間持続血糖測定器(CGMS)の有用性についての検討
○今村洋一
◎プログラム名称 / 第2回AGEプロジェクトフォーラム
・主催 / 大塚製薬(株)
・開催日 / 11月23日
・会場 / シーホークホテル(福岡市)
演題他 座長
◎プログラム名称 / 第26回福岡腎臓病懇話会
・主催 / 興和新薬(株)
・開催日 / 11月27日
・会場 / 興和新薬(株)福岡支店(福岡市)
演題他 特別講演『AGE研究の新しい展開』
◎プログラム名称 / 第23回九州MMC研究会
・主催 / 九州MMC研究会、大正製薬(株)
・開催日 / 12月8日
・会場 / ホテルオークラ福岡(福岡市)
演題他 当番世話人
発表年 : 2002年
◎プログラム名称 / 第256回日本内科学会九州地方会
・主催 / 日本内科学会九州地方会、第256回会長・原 信之
・開催日 / 2月2日
・会場 / 九州大学医学部
演題他 副甲状腺機能低下症に難聴を合併した1家系
古賀寛久
新沼廣幸 Dr.Hiroyuki Niinuma 適切な時期に必要な心臓血管病の精密検査を提供できるように。

脳梗塞症、狭心症、閉塞性動脈硬化症の発症を予防するために、
超音波や新しいCTなどを駆使し診断治療にあたり、
5年間の追跡調査を開始します。
その結果から患者さんにとって適切な時期に
必要な心臓血管病の精密検査を提供出来るようにいたします。

Dr.Niinuma
自己紹介 / self-introduction

心筋梗塞症を発症することなく救う

聖路加国際病院 循環器内科医長の新沼廣幸です。
AGE牧田クリニックで皆様の糖尿病と心臓血管病を中心として診療を担当いたします。
聖路加では狭心症、心筋梗塞症、心臓弁膜症などを超音波や320列CTなどを用いて診断し、集中治療から通常外来、高貴な方をはじめとしていろいろな患者さんを担当しております。
今までに2型糖尿病患者さん1,000人の調査を行い、約15%で無症状の狭心症患者さんが心筋梗塞症を発症することなく救うことが出来ました。
2014年7月からはさらに2型糖尿病患者さん2000人規模で脳梗塞症、狭心症、閉塞性動脈硬化症の発症を予防するために、超音波や新しい320列CTなどを駆使し診断治療にあたり、5年間の追跡調査を開始します。その結果から患者さんにとって適切な時期に必要な心臓血管病の精密検査を提供出来るようにいたします。

経歴 / career

学歴

  • 1992年 : 岩手医科大学医学部卒
  • 医籍登録(第349194号)
  • 1999年 : 岩手医科大学医学博士(乙 第573号)

職歴

  • 1992年 : 岩手医科大学附属病院研修医
  • 1994年 : 岩手医科大学内科学第二講座副手
  • 1998年 : 岩手県立久慈病院循環器科兼救急科医長
  • 2000年 : 岩手医科大学附属循環器医療センターCCU専門医員
  • 2003年 : 岩手医科大学附属循環器医療センターCCU助手
  • 2007年 : 岩手医科大学附属循環器医療センターCCU助教
  • Johns Hopkins大学循環器内科 心血管画像診断研究室 
  • (Joao AC Lima教授)博士研究員
  • 2008年 : 岩手医科大学附属循環器医療センター助教
  • Johns Hopkins大学循環器内科 心血管画像診断研究室 客員研究員
  • 2010年 : 聖路加国際病院 循環器内科 副医長
  • 2013年 : 神戸大学大学院医学研究科外科学講座心臓血管外科学分野 非常勤講師
  • 聖路加国際病院 循環器内科 医長

資格

  • 日本内科学会内科認定医(第18966)
  • 日本内科学会認定総合内科専門医(第7091)
  • 日本循環器学会循環器専門医(第13792)
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医(第050028)
  • 日本救急医学会救急専門医(第2637)
  • 日本超音波医学会超音波専門医(第FJSUM-1769)
  • 日本脈管学会血管専門医
  • ACC/SCCT Cardiovascular CT level 2 certification

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会(Fellow)
  • 日本集中治療医学会(評議員)
  • 日本救急医学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本脈管学会(評議員)
  • 日本心不全医学会
  • 日本心エコー図学会
  • 日本放射線医学会
  • American College of Physician(Member)
  • American College of Cardiology(Member)
  • American Heart Association(Member)
  • Society of Cardiovascular Computed Tomography(Member)

専門分野

  • 循環器疾患病態画像診断学
  • 大血管疾患集中治療学
  • 心機能および血液マーカー
  • 心臓弁膜症
野村征太郎 Dr.Seitarou Nomura 他の誰でもない、あなたに診てもらいたいという医師。

生活習慣ではライフスタイル、考え方によって、治療方針は様々です。ガイドラインでの記述や統計的なデータはもちろん大切ですが、なにより大切なのは患者さんそれぞれの考え方です。人生をいかに楽しみながら糖尿病とつきあっていくか、ひとりひとりにあった付き合い方を提示していきたいと考えています。

Dr.Nomura
ポリシー / policy

ひとりの人の本質を徹底的に見抜きたい

私はプロの医師として、医学的知識を総動員させるだけでなく、ひとりの人間として患者さんの本質を理解したいと思っています。医療の現場でよく言われることに、「病気を見ずして病人を見よ」という言葉がありますが、私は「病気でも病人でもなく、人を見たい」と思っています。

アイデンティティ / identity

他の誰でもない、
あなたに診てもらいたいという医師

医師にかかるというのは、自分の心と体を打ち明ける、ということです。
そのように思ってくださる患者さんがいるからこそ、
私は常に謙虚な姿勢で診療に臨みたいと思います。

自己紹介 / self-introduction

「患者さんとともに生きる。」

私はもともと人が好きで、人に関わる仕事、そして人に役立つ仕事をしたいと思い、医師を職業として選択し、聖路加国際病院で医師としての第一歩を歩み始めました。そこで私は、医師の基本である、「患者さんとともに生きる」ことを学び、それを実践してきました。そして、現在の最高の治療を知り、患者さんの様々な背景をあらゆる角度から考察し、最適な治療を実践していく、というサイクルを絶え間なく回し続け、自らを成長させてきました。

その中で、私は最適な治療法のない多くの患者さんに遭遇し、未だ明らかでない病気の原因を追求し、さらには生命の本質を知りたいと考え、基礎生命科学の研究も行うようになりました。私は生命の源である心臓(Heart)に興味を持ち、それがどのようにできるか、それが病気になるとどうして悪くなってしまうか、どうしたらそれを良くすることができるか、日々研究しています。生命科学の、ひいては医学の新しい1ページを書き換えるような真理の追求に向けて、謙虚な気持ちで真っ直ぐに努力しています。

そんな折、聖路加国際病院に勤務していたときから懇意にしていただいている牧田院長からお誘いいただき、2014年4月からクリニックの診療チームに加えていただきました。糖尿病を含めた生活習慣病の治療、心臓循環器疾患の治療を基本に、総合内科専門医として、様々な医学知識を統合して、ひとりひとりの患者さんを構成する要素を理解し、最適な治療を探っていきます。

経歴 / career

学歴

  • 2005年 : 千葉大学医学部医学科卒業
  • 2009年 : 千葉大学大学院医学系研究科 循環器内科学博士課程
  • 2010年 : 東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野
  • 2013年 : 千葉大学大学院医学系研究科 循環器内科学博士課程修了
  • 博士(医学)(千葉大学)取得

職歴

  • 2005年 : 聖路加国際病院 初期研修医
  • 2007年 : 聖路加国際病院 内科専門研修医
  • 2008年 : 聖路加国際病院 内科チーフレジデント
  • 2009年 : 千葉大学医学部附属病院 循環器内科医師
  • 2010年 : 東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野 研究員
  • 2013年 : 東京大学医学部附属病院 循環器内科医師(東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野)
  • 2014年 : AGE牧田クリニック 非常勤医師

専門医

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
鄭 守 Dr.Mamoru Tei 目指すのは、ひとりひとりの患者さんが納得する医療。

患者の皆さんには、糖尿病網膜症・糖尿病黄斑症の
検査についての説明を十分に理解し、
希望する治療を受けて、結果に納得してほしい。
そして、糖尿病によって失明することのないように、
諦めずに一緒に考えていけるよう最善の提案を考えていきます。

Dr.Tei
院長より

日本一の糖尿病の目のドクターとして
信頼する名医

鄭先生は私が日本一の糖尿病の目のドクターとして信頼している方です。もう失明は避けられないので諦めてくださいなどと言われた末期の患者さんの眼を救っています。その非常に高度な技術と長年の経験が必要とされる硝子体手術を何と年間500例も行っているというスーパードクターです。この度、鄭先生が2ヶ月に1度(偶数月の第1木曜日)AGE牧田クリニックで診察をしてくれる運びとなりました。

偶数月の第1木曜日が診察日(平成27年は 10月1日、12月3日など)。

重症で不安をお持ちの方だけでなく、職業上などの理由で絶対失明したくない方、本を読めなくなったり運転免許が取れなくなるのを避けたい方は是非受診してください。注意しなければならないのは、眼の障害は徐々に視力が低下するというように自覚症状が進んでくるのではなく突然見えなくなるという形で来ることです。

鄭先生のお話では「失明する方は年間3000人に過ぎないが、日常生活に不自由を感じる視力の障害者は沢山いる。そうならないように新しい注射の最新医療で確実に予防することができるそうです。まず鄭先生に診ていただいて目が大丈夫なのか判定してもらってください。

眼科医もその医療技術や知識には大きな差があります。一度、眼の受診を是非お勧めします。

神の手を持った眼科医で、かつ京都からわざわざ来ていただくこともあり、自由診療(保険外)となります。

鄭先生より

ひとりひとりが納得する医療を

“目指すのは「納得の医療」”。

糖尿病網膜症・糖尿病黄斑症に関して、受けた検査・説明を理解して、希望する治療を受けて、結果に納得するための相談をしましょう。そのうえで、まだできることはないか、一緒に考えていきましょう。網膜症外来での相談をご希望の患者さんは、受付でお尋ねください。または電話で予約して来院されるか、メールで直接相談してから来院してください。

□相談用メールアドレス: tei.mamoru0625@athena.ocn.ne.jp

自己紹介 / self-introduction

糖尿病で失明しないよう最善を尽くす

<網膜症外来の目指すところ>

「糖尿病なんだから、見えない・見えにくいのはしかたがない」、「眼科は患者さんが多いから、ゆっくり説明してもらえない」、「レーザーを何回も受けたし、手術もしたし、もうこれ以上何もできないと言われた」、と諦めていませんか?

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症とともに、糖尿病の三大合併症のひとつで、日本では成人の失明原因の第二位(年間約3000人)となっています。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、かなり進行するまで自覚症状がなく、気付いた時にはかなりの重症になっていることが多いのも特徴で、早期発見早期治療、定期的な検査が重要です。近年、検査法やレーザー治療、ステロイド薬テノン嚢下注射、抗VEGF薬硝子体注射、硝子体手術などの治療の進歩により、失明を防ぐことができるようになってきましたが、なかなか満足のする見え方が得られないことが多い、というのが大きな問題だと考えています。

私は、過去20年間、慶應義塾大学病院、京都府立医科大学病院、ハーバード大学、眼科専門病院・クリニックで臨床・研究に従事してまいりました。この10年間は、年間約400~500件の硝子体手術を行っております。その約半数は増殖糖尿病網膜症や糖尿病黄斑症の患者さんですが、若年性糖尿病で網膜症未治療の重症の患者さんや他施設で治療は困難であると言われた患者さんも数多くおられます。また手術をするよりも多くの患者さんが、レーザー治療、ステロイド薬テノン嚢下注射や抗VEGF薬硝子体注射により、網膜症や黄斑症をコントロールすることが可能となり、硝子体手術を行わなくてもすむようになっておられます。

眼科での診察は検査が中心になってしまいますが、AGE牧田クリニック網膜症外来では、これまでの数多くの経験を活かし、検査を最小限に抑え、まずはじっくり話し合うことによって、最善の提案をしていきたいと考えています。これまで眼科の検査を受けたことがない方、受診を中断してしまった方は、受診や検査の計画を立てましょう。一通りの治療を受けてこられた方でも、局所レーザー、ステロイド薬テノン嚢下注射、抗VEGF薬硝子体注射、硝子体手術を組み合わせれば、まだまだできることがあるはずです。糖尿病で失明しないように、少しでも見やすくなるために何かできることはないか、諦めずに一緒に取り組んでいきましょう。

経歴 / career

学歴

  • 1993年 : 慶応義塾大学医学部卒業
  • 1999年 : 医学博士取得

職歴

  • 1995年 : 慶応義塾大学眼科
  • 1996年~1998年 : ハーバード大学スケペンス眼研究所研究員
  • 1999年 : 聖京都府立医科大学病院眼科 20年間に渡り糖尿病網膜症の治療を行う。
    特に末期の網膜症の困難な硝子体手術を年間500例行っている。
廣田 雄輔 Dr.Yusuke Hirota 一人ひとり違う だからおもしろい。

「糖尿病」と言っても、患者さん毎に原因や重症度、
適切な治療法は異なります。私の診療では、医学的な判断だけでなく、
その方の生活スタイル、治療に関するご希望、社会的背景、医療費、
などの要因を勘案して最も適切と考えられる治療を提案しつつ、
患者さんと一緒に考えます。様々な要因とのバランスが取れつつ、
予防や治療がうまくいくことに非常にやりがいを感じています。

Dr.Niinuma
自己紹介 / self-introduction

人として 内科医として 正直に向き合う

私は学生時代から循環器内科や救急などの急性疾患を対象とした診療科を専門とするつもりでした。研修医となり、急性期診療は予想以上にやりがいがあり好きでしたが、自分には糖尿病などの慢性疾患の診療の方が向いていると感じました。患者さんやご家族と対話し、得られた情報を踏まえて調整を行い、一人ひとりに最も適切な治療を行うことに特におもしろさを感じていました。糖尿病の診療にはこの視点が非常に重要と感じており、糖尿病を専門とすれば、自分が感じているおもしろさを追求することで幸せな医師人生を歩みつつ、患者さんに貢献できると考えました。

糖尿病を専門としつつも血糖だけを診るのではなく、内科医として幅広く診療したいと考えています。自分で分かることには対応し、私では分からないことや詳しい検査が必要なことを見つけたら、決して放置せず、それぞれの専門家に責任をもって繋ぐようにしています。AGE牧田クリニックではこの連携が極めてスムーズにできるシステムが確立されており、大げさではなく多くの患者さんが命拾いをしています。医学的に非常に危険なことを見つければ、例え患者さんが全く乗り気でなくても安易に同調して黙認することはせず、繰り返しご説明して検査や治療に向かっていただくよう説得します。この問題に気がついているのはこの世で私しかいないかもしれないと思うからです。

牧田先生をはじめクリニックの先生方とスタッフのおかげで非常に良い環境の中、真摯に診療を行います。何卒よろしくお願い申し上げます。

経歴 / career

学歴

  • 2005年 : 慶應義塾大学 経済学部 経済学科 中退
  • 2011年 : 信州大学 医学部 医学科 卒業
  • 2014年 : 東京大学大学院 医学系研究科 内科学専攻 代謝・栄養病態学分野 入学

職歴

  • 2011年 : 聖路加国際病院 内科系ジュニアレジデント
  • 2013年 : 東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 専門研修医
  • 2016年 : AGE牧田クリニック 非常勤医師

資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本内科学会 JMECC インストラクター
田 真茂 Dr.Masashige Den 遠隔診療で患者さんが継続しやすい 最適な医療を。。

遠隔診療により患者さんの利便性を高めることで、
適切な通院を継続させられることができれば、
日本の医療をもっと良いものに変えられるかもしれません。
遠方の患者さん・忙しくて通院できない患者さんにも、
継続しやすい最適な医療を提供いたします。

Dr.den
自己紹介 / self-introduction

全ての患者さんにフリーアクセスな医療を
提供できる世の中を作りたい

聖路加国際病院にて初期研修終了後、同病院の救命救急センターで勤務し、歩いてくる外来患者さんの診療から最先端の集中治療まで幅広い医療を経験しました。その中で自覚症状のない生活習慣病などの慢性疾患で適切な受診をしていなかったために重症化してから救急車で運ばれる方を多く診てきました。日々重症化してから来る患者さんの命を救うことに懸命に取り組むなかで、重篤な病気が発症する前の段階で適切な治療を行う予防医療の大切さを実感していました。

そのような中、2015年8月に厚労省から遠隔診療解禁通知が出され、欧米に遅れをとって日本でも遠隔診療が解禁となりました。
遠隔診療により患者さんの利便性を高めることで適切な通院を継続させられることができれば、日本の医療をもっと良いものに変えられるかもしれない。大きなやりがいと未来への期待を感じ、自分の道を救急医から遠隔診療医に転向することを決心しました。

2016年4月、遠隔診療システムにて国内トップシェアを誇り、最先端の技術を持つ株式会社メドレー
遠隔診療事業部(CLINICS)に転職するとともに、同時期からAGE牧田クリニックでの非常勤医師としての勤務も開始しました。

自分自身が実臨床で遠隔診療を行った経験を活かして、メドレーにて遠隔診療システムの発展向上に関わりながら、遠隔診療システムを必要としている日本中のクリニックに遠隔診療を広める活動にも従事しています。

遠隔診療医として、遠方の患者さん・忙しくて通院できない患者さんにも、継続しやすい最適な医療を提供いたします。

経歴 / career

学歴

  • 2013年 : 帝京大学医学部医学科卒業

職歴

  • 2011年 : Apple Store Ginza Specialist
  • 2013年 : 聖路加国際病院 初期研修医
  • 2015年 : 聖路加国際病院 救急部専門研修医
  • 2016年 : 株式会社メドレー CLINICS事業部
  • 2016年 : AGE牧田クリニック 非常勤医師
staff_photo1 受付
staff_photo2 ナース

top