bg_bar_bottom

MAQUIA6月号に牧田院長が寄稿しました!

bg_bar_bottom
2017.05.30

MAQUIA6月号の付録「食べ痩せパーフェクトBOOK100問100答」に寄稿しました!

ダイエットにまつわる良くある疑問について掲載されておりますので、ぜひ御覧ください!

3

bg_bar_bottom

健康食コーディネーター養成講座の本を監修しました!

bg_bar_bottom
2017.05.30

日本創芸学院から出版されている「健康食コーディネーター養成講座」の第2章 第1・2節を牧田院長が監修いたしました。

ご興味ある方はぜひ御覧ください。

1

bg_bar_bottom

牧田院長の新著が出ました!

bg_bar_bottom
2017.05.30

大人気シリーズ、糖質オフレシピのハンドブックが出版されました。

ほどよい大きさの使いやすい本になっておりますので、ぜひ御覧ください!

スキャン 2017_05_30 12_04

bg_bar_bottom

牧田院長が女性週刊誌に寄稿しました!

bg_bar_bottom
2017.05.09

院長が「ESSE」6月号、「サンキュ!」6月号に寄稿しました。

作り置きについてのポイントを記載しておりますので、ぜひ御覧ください!

スキャン 2017_05_09 12_30スキャン 2017_05_09 12_30 2

bg_bar_bottom

牧田院長がFreeStyleリブレ(新型自己血糖測定器)を使ってみました!

bg_bar_bottom
2017.04.11

先日された最新型自己血糖測定器「FreeStykeリブレ」を牧田院長と田先生が使ってみました!

Libre-reader-applicator-sensor-combined-image
【FreeStyleリブレとは】
FreeStyleリブレとは、こちら(http://myfreestyle.jp/products/freestyle-libre-system.html)にあるように、簡単に自動で血糖を測定できる機械です。
専用のセンサーを腕に付けたまま、運動や入浴も可能です。(センサーは2週間に一度交換します)

専用の測定器をセンサーの近くにかざすだけで、リアルタイムで自身の血糖を知ることができます。
また15分毎に自動的に血糖値を記録してくれて、測定器の画面から見ることもできます。
PCにつなげば、血糖値のデータをグラフで見ることも可能です。

【牧田院長の感想】
・センサーを取り付ける際に小さな針がついているが、刺す時も刺した後もほとんど痛みを感じないほどで、快適に利用できました。
・白米を食べると血糖があがる。得にカレーを食べた後の血糖の上昇が高かった。
・ビールを飲むと血糖が上がり、ワインを飲むと血糖が下がった。

・血糖コントロールダイエットに有用な機械だと感じた!
具体的には、
1)血糖値を70−140の間に保つこと
2)140を超えないような食事を控える
この2つを意識していただくだけで、1日100−200g痩せる、とのことです。

【田先生の感想】
・食後眠くなることがあった際に血糖値を測定してみたら、血糖値が60でした。反応性低血糖が起こっていたと改めて感じました。
・食生活が乱れてしまう際に、普段から何を食べるとどのくらい血糖値が上がるのか、ということがわかると、自分の中で食生活の管理がしやすいと感じました。

以上が実際にご利用いただいた先生方の感想になります!

当院を受診していただければ、お試しいただくことが可能です!
ご興味がある方はお問い合わせください!

top