bg_bar_bottom

Dr牧田の書籍が朝日新聞、日刊ゲンダイで紹介されました

bg_bar_bottom
2015.05.14

人間ドックの9割
Dr牧田の書籍がメディアで紹介されました。

2015年4月12日 朝日新聞

お勧め書籍を紹介するコーナーで取り上げられています。以下がその書評です。

多くの医者は人間ドックは「意味がない」と考え、医者自身は受けてないという。なぜなら「ありふれた死なない病気を見つけることは得意でも、死に至るがんを早期に見つけるのは不得意なのが人間ドック」だからだ。「胃部バリウム検査=効果ほとんどなし・被爆かなりあり」など、明快に語る。「人間ドックを受けているから大丈夫」と思っている人こそ、一読の価値があるのでは。「受けるべき検診」のアドバイスもある。

2015年5月8日 日刊ゲンダイ

気になる新刊のコーナーで取り上げられました。

bg_bar_bottom

Dr牧田の新書が出ました

bg_bar_bottom
2015.04.05

人間ドックの9割
私のクリニックでは、例年50人弱の患者さんにがんが見つかりますが、ある年の1人を除いて全員が克服しています。一方、毎年人間ドックを受診していながら、命を落とす人は多くいらっしゃいます。胃のバリウム検査、腹部超音波検査、便潜血検査、胸部エックス線撮影で、がんの早期発見は無理なのです。私が患者さんに薦めているのは、がん、心疾患、脳疾患などの病気を確実に早期発見する「精度の高い検査」。具体的には全身CT、胃と腸のカメラ、脳MRIだけです。健康に長生きするために決定的な提言をぜひチェックしてください!

bg_bar_bottom

Dr牧田監修の本が出ました

bg_bar_bottom
2015.04.05

太らない食べ方 
運動0でもやせる!

若い頃は、いくら食べても太らなかったのに、ここ最近体重が増える一方……。

そんな方はもしかしたら食べ方に原因があるかもしれません。
ただし、やみくもな食事制限はストレスの原因にもなり、
反動が大きいというリスクもあります。

そんな「やせたいけど好きなものを食べたい」「運動はしたくない」という
わがままに答える食事法と、外食やコンビニ食でも使える食べ物の選び方など詳しく解説します。

お酒も肉も好きなだけ食べられるのに、1週間で-3kg! ? ぜひその効果を実感して下さい。

bg_bar_bottom

momに記事が掲載されました

bg_bar_bottom
2015.02.12

yjimage
今から始める「抗糖化」生活。

巻頭から15ページにわたる特集です。

監修はもちろんDr牧田。

抗糖化でなぜ老化を防げるのか。

抗糖化のためには、日々の食事で何に気をつければいいのか。

徹底的に解説します。

bg_bar_bottom

男のクロワッサンに記事が掲載されました!

bg_bar_bottom
2015.02.12

yjimage8J6HK1DE
大人の男の健康生活を求めた書籍で、

男の気になる諸症状として健康をテーマに特集を組んでいます。

この中で、Dr牧田が糖尿病を解説しています。

top